美女と才女
ソフィア・ローレン  1 
女優
生年月日1934年9月20日

初期主演作と同様に、ソフィアの肉感的な体を強調した作品であった。さらに幾つかの作品にはトップレスで出演した。それらの作品は当時のヨーロッパでは受け入れられたが、イギリスやアメリカではそのような場面はカットされた。
1960年代までに、ソフィアは世界で最も人気のある女優のうちの1人としてハリウッドとヨーロッパの両方で作品に出演した。1960年の『ふたりの女』でアカデミー主演女優賞を受賞。

1957年にカルロ・ポンティと結婚するが、その時点でポンティはまだ離婚しておらず、重婚罪に問われる可能性があったために1962年に婚姻関係を一旦無効にした。2人はポンティの離婚が成立した1966年に正式に結婚した。指揮者のカルロ・ポンティ・ジュニアと、結婚後に生まれた映画台本作家兼監督のエドアルド・ポンティの2人の息子がいる。

映画:『黒い蘭』『ふたりの女』『昨日・今日・明日』『あゝ結婚』
『ひまわり』『プレタポルテ』

Sophia Loren
ソフィア・ローレン
ソフィア・ローレン
1959年撮影
本名 Sofia Villani Scicolone
生年月日 (1934-09-20) 1934年9月20日(86歳)
出生地 イタリア王国の旗 イタリア王国ローマ
国籍 イタリアの旗 イタリア
フランスの旗 フランス
職業 女優
ジャンル 映画
活動期間 1950年 -
配偶者 カルロ・ポンティ(1972-2007)
主な作品
黒い蘭
ふたりの女
昨日・今日・明日
あゝ結婚
ひまわり
プレタポルテ
NINE
備考
トリノオリンピック開会式オリンピック旗旗手
テンプレートを表示

ソフィア・ローレン(またはソフィア・ロレーン、Sophia Loren イタリア語: [soˈfiːa ˈlɔːren], 英語: [soʊˈfiːə ləˈrɛn]1934年9月20日 - )は、イタリア出身の女優。本名はソフィア・ヴィラーニ・シコローネ (Sofia Villani Scicolone) 。

イタリアのみならずヨーロッパを代表する映画女優の一人で、1960年代には多くの映画賞を獲得し、現在も活躍中である。代表作に『ふたりの女』『あゝ結婚』『特別な一日』など。

[ 前のページに戻る ]