美女と才女
ジュリー・アンドリュース  1 
女優・歌手・ 作家・演出家・ダンサー
生年月日1935年10月01日

イギリス生まれの女優、歌手、 作家、演出家、ダンサー。アカデミー賞を1度受賞している他に、英国アカデミー賞を1度、ゴールデングローブ賞を5度、グラミー賞を3度、エミー賞を2度、そしてディズニー・レジェンドとケネディ・センター名誉賞の受賞経験がある。エリザベス2世より舞台芸術の功績でデイムの称号を叙された。

アンドリュースはディズニー映画『メリー・ポピンズ』(1964年)で長編映画デビューし、アカデミー主演女優賞を獲得した。ディズニー映画でアカデミー主演女優賞にノミネート(後に受賞)されたのはいまだに彼女だけである。『サウンド・オブ・ミュージック』(1965年)では2回目のアカデミー賞ノミネートを果たし、ゴールデングローブ賞 主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門)を受賞した。後者の映画は現在でも最高興行収入を獲得した映画第3位である。1964年から1967年の間、『卑怯者の勲章』、『ハワイ』、アルフレッド・ヒッチコック監督作品『引き裂かれたカーテン』、『モダン・ミリー』などでも人気を得て、当時の世界で一番成功した映画スターとなった。

1959年には幼なじみでデザイナーのトニー・ウォールトンと結婚し、娘エマが生まれた。エマには現在子供が2人いる。 ウォールトンとは1967年に離婚しエマの親権を得た。
1969年に映画監督のブレイク・エドワーズと再婚。2010年にエドワーズが亡くなるまでハリウッドのベストカップルとして知られた。 70年代〜80年代の出演映画はほとんどエドワーズ作品である。
映画
『メリー・ポピンズ』(1964年)
『サウンド・オブ・ミュージック』(1965年)
『ビクター/ビクトリア』(1982年)
『プリティ・プリンセス』シリーズ(2001年、2006年)

舞台
『マイ・フェア・レディ』(1956年 – 1962年)

デイム・ジュリー・アンドリュース
Dame Julie Andrews
デイム・ジュリー・アンドリュース Dame Julie Andrews
2013年5月16日 オーストラリア、シドニーのハイアットホテルでの記者会見にて
本名 Julia Elizabeth Wells
ジュリア・エリザベス・ウェルズ
生年月日 (1935-10-01) 1935年10月1日(85歳)
出生地 イングランドの旗 イングランドサリー州ウォルトン・オン・テムズ
国籍 イギリスの旗 イギリス
身長 173 cm
職業 女優歌手作家演出家ダンサー
ジャンル 映画舞台
活動期間 1945年 -
配偶者 トニー・ウォルトン
1959年 - 1967年離婚
ブレイク・エドワーズ
1969年 - 2010年死別
著名な家族 エマ・ウォルトン・ハミルトン(娘)
ジェニファー・エドワーズ(義娘)
ジェフリー・エドワーズ(義息子)
アメリア・エドワーズ(養女)
ジョアンナ・エドワーズ(養女)
主な作品
映画
メリー・ポピンズ』(1964年)
サウンド・オブ・ミュージック』(1965年)
ビクター/ビクトリア』(1982年)
プリティ・プリンセス』シリーズ(2001年、2006年)
舞台
マイ・フェア・レディ』(1956年 - 1962年)
備考
大英帝国勲章
テンプレートを表示

デイム・ジュリー・エリザベス・アンドリュースデイム・ジュリー・アンドルーズ、Dame Julie Elizabeth Andrews, DBE, 1935年10月1日 - )[1]は、イギリス生まれの女優歌手作家演出家ダンサー。2000年、エリザベス2世より舞台芸術の功績で大英帝国勲章に叙され、デイムの称号をつけて呼ばれる。

アンドリュースはウエスト・エンド・シアター英語版で1948年にデビューした。また1954年の上演作品『ボーイ・フレンド英語版』でブロードウェイデビューし、両方ともトニー賞に彼女がノミネートされた『マイ・フェア・レディ』、『キャメロット英語版』で世間の名声を得た。1957年にはテレビで1億人以上が視聴したミュージカル『シンデレラ』に主演した。

アンドリュースはディズニー映画『メリー・ポピンズ』(1964年)で長編映画デビューし、アカデミー主演女優賞を獲得した。ディズニー映画でアカデミー主演女優賞にノミネート(後に受賞)されたのはいまだに彼女だけである。『サウンド・オブ・ミュージック』(1965年)では2回目のアカデミー賞ノミネートを果たし、ゴールデングローブ賞 主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門)を受賞した。後者の映画は現在でも最高興行収入を獲得した映画第3位である[2]。1964年から1967年の間、『卑怯者の勲章』、『ハワイ』、アルフレッド・ヒッチコック監督作品『引き裂かれたカーテン』、『モダン・ミリー』などでも人気を得て、当時の世界で一番成功した映画スターとなった[3]

1970年代、映画でのキャリアは『スター!英語版』、『暁の出撃』、『夕映え英語版』の商業失望により鈍化していった。しかし、『テン』(1979年)、で商業成功の卓越性に戻り、『ビクター/ビクトリア』(1982年)では3回目のアカデミー賞ノミネートを果たした。1980年代の残りは、批評家などからは絶賛されたものの商業的に不成功だった『That's Life! 』と『デュエット・フォー・ワン英語版』に出演した。1990年代、彼女の名声は薄らいでいった。

アンドリュースの映画でのキャリアは『プリティ・プリンセス』(2001年)とその続編『プリティ・プリンセス2/ロイヤル・ウェディング』(2004年)、アニメーション映画『シュレック』シリーズ(2004年 - 2010年)、『怪盗グルーの月泥棒 3D』の成功でもう一度復活した。彼女の4オクターブもの、非常に印象的な声域は、1997年の喉の手術によって失われてしまった。2003年にはサッグハーバー英語版のベイ・ストリート・シアターで彼女の最初のブロードウェイ成功作である『ボーイ・フレンド英語版』が公演され、演出家を務めた。

アンドリュースは児童作家でもあり、2008年に、ロンドン大空襲の思い出などが含まれている自伝『Home: A Memoir of My Early Years 』を出版した。

アンドリュースはアカデミー賞を1度受賞している他に、英国アカデミー賞を1度、ゴールデングローブ賞を5度、グラミー賞を3度、エミー賞を2度、そしてディズニー・レジェンドケネディ・センター名誉賞の受賞経験がある。2002年、「100名の最も偉大な英国人」に59位で選出された。

  1. ^ "Dame Julie: The sound of music". BBC. 1999年12月31日。 2007年1月29日閲覧。
  2. ^ All Time Box Office Adjusted for Ticket Price Inflation”. Boxofficemojo.com. 2012年12月3日閲覧。
  3. ^ William Ruhlmann "Julie Andrews Biography". AllMusic. 2014年2月18日閲覧。
[ 前のページに戻る ]