美女と才女
シャーリー・マクレーン  1 
女優
生年月日1934年4月24日

1983年には『愛と追憶の日々』でアカデミー主演女優賞を受賞。ヴェネツィア国際映画祭とベルリン国際映画祭でもそれぞれ2回、女優賞を受賞している。 恋の売り込み作戦』 『アパートの鍵貸します』『あなただけ今晩は』 『愛と追憶の日々』 『マダム・スザーツカ』
ニューエイジの旗手としても注目された。近代神智学の影響が濃い心霊治療家エドガー・ケイシーの思想や、仏教思想を初めとする東洋文化、霊や宇宙人と交信するというチャネリングなど、ニューエイジを構成する思想に傾倒し広く紹介した。娘の名前は小森和子によって”blessed child”を意味する日本名「幸子」にちなんで名づけた。1983年に刊行され世界的なベストセラーとなった『アウト・オン・ア・リム』などの自著で、自身の体外離脱や神秘体験を語っている。

シャーリー・マクレーン著書「my lucky stars」を読んだ感想
「アウト・オン・ア・リム」「ダンシング・インザ・ライト」
「ゴーイング・ウイズイン」など精神文学を次々と発表され、作者としてもハリウッドの性格女優としても有名な彼女の「my lucky stars」と言う題名の本を読みました。
そこには彼女がブロードウエイの踊り子からハリウッドに出て、いろいろなstar達と共演した思い出や、そのスターの印象を回想録風に書いてくれています。そこに出てくるスターの名前と内容は下記の通りです。
          記
1.ディーン・マーチンとジェーリー・ハリス お笑いコンビの関係
2.フランク・シナトラとその一家(サミーデービス・ジュニア他)
3.「その一家」のマスコットとなった私(シャーリー)
4.シナトラのパワー(音楽・映画・舞台・政治・経済・マフィアなど)
5.ジャック・ニコルソン(以下 懐かしい名前ばかりでしょう)
6.デビット・ニーブン
7.グレン・フォード
8.ジャック・レモン
9.ポール・ニューマン
10.ジーン・ケリー
11.ダニー・ケイ
12.恋に落ちて(ロバート・ミッチャムとの失楽園)
13. ロケ地での出来事(スターの相性)

恋人役をお互い演じると現実かスクリーン場か見境がつかなくなる。
 良い例:リズ・テイラーとリチャード・バートンなど(現実化)
 悪い例:マリリン・モンローとイブ・モンタン など(破綻)
これらの語りの中に、彼女の心霊的な考察を加えて説明しているのです。
彼女から観るスターの性格描写は的確で頭の良さを感じさせますし、何より昔よく観た映画の大スター達の私生活を含めた人物像を紹介してくれ面白かった。

シャーリー・マクレーン
Shirley MacLaine
Shirley MacLaine
本名 Shirley MacLean Beaty
生年月日 (1934-04-24) 1934年4月24日(86歳)
出生地 バージニア州リッチモンド
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 女優歌手ダンサーライター活動家
ジャンル 映画テレビドラマ舞台
活動期間 1955年 -
配偶者 スティーブ・パーカー (1954-1982)
著名な家族 弟 ウォーレン・ベイティ
娘 サチ・パーカー
公式サイト shirleymaclaine.com
主な作品
『恋の売り込み作戦』
アパートの鍵貸します
あなただけ今晩は
愛と喝采の日々
愛と追憶の日々
『マダム・スザーツカ』
ココ・シャネル
備考
ハリウッド名声の歩道
テンプレートを表示

シャーリー・マクレーンShirley MacLaine、本名:Shirley MacLean Beaty1934年4月24日 - )はアメリカ合衆国出身の女優である。また自身の神秘体験を描いた著作を多数発表し、ニューエイジの旗手の一人としても知られた。バージニア州リッチモンド出身。俳優のウォーレン・ベイティは弟、サチ・パーカーは娘[1]

  1. ^ シャーリー・マクレーンの実娘サチ・パーカー、日本語ペラペラ挨拶 - ライブドアニュース
[ 前のページに戻る ]