美女と才女
シモーヌ・シニョレ  1 
女優
生年月日1921年3月25日

1947年シュザンヌ・ビアンケッティ賞を受賞し、1959年の『年上の女』でアカデミー主演女優賞と、カンヌ国際映画祭女優賞をダブル受賞した。
1947年に映画監督イヴ・アレグレと結婚し、長女で女優のイザベル・アレグレをもうけたが2年後に離婚。1951年にイヴ・モンタンと再婚。1960年、二人はマリリン・モンローとアーサー・ミラーが住んでいたビバリーヒルズのホテルに滞在し、モンタンとマリリン・モンローの関係が不倫に発展したこともあったが、二人は彼女の死まで一緒であった。
戦後、フランス社会党支持者として多くのデモや活動に夫イヴと参加。社会問題に関心の深い一面があった。50代に入る頃から実年齢以上の老け役を演じることが多かった。

シモーヌ・シニョレ
Simone Signoret
Simone Signoret
1952年の「映画の友」より
本名 Simone Henriette Charlotte Kaminker
生年月日 (1921-03-25) 1921年3月25日
没年月日 (1985-09-30) 1985年9月30日(64歳没)
出生地 ドイツの旗 ドイツ国ヴィースバーデン
死没地 フランスの旗 フランスオーテイユ=オートゥイエ英語版
国籍 フランスの旗 フランス
配偶者 イヴ・アレグレ (1947-1949)
イヴ・モンタン (1951-1985)
テンプレートを表示

シモーヌ・シニョレSimone Signoret, 本名: Simone Henriette Charlotte Kaminker, 1921年3月25日 - 1985年9月30日)は、フランス女優フィルム・ノワールのヒロイン、また娼婦役で強い印象を残した。

[ 前のページに戻る ]