美女と才女
カトリーヌ・ドヌーヴ  
女優
生年月日1943年10月22日

ミュージカル映画『シェルブールの雨傘』のヒットで世界的スターの座をつかむ。
1992年の『インドシナ』で米国アカデミー賞主演女優賞にノミネート。1998年の『ヴァンドーム広場』でヴェネツィア国際映画祭 女優賞を受賞。

プライベートでは1961年から交際を始めた映画監督のロジェ・ヴァディムとの間に息子クリスチャン(1963年生まれ)を儲けたが、1965年にイギリスの写真家デビッド・ベイリーと結婚した。しかしベイリーへの愛情は持っておらず、結局結婚生活を維持できなくなり1972年に離婚した。
その後に俳優のマルチェロ・マストロヤンニとの間に、娘キアラを儲けている。ヴァディム、マストロヤンニと正式な婚姻関係になることは諸事情のためいずれもかなわなかった。
『シェルブールの雨傘』(1963年)『ロシュフォールの恋人たち』(1967年)
『昼顔』(1967年)『哀しみのトリスターナ』(1970年)『終電車』(1980年)
『インドシナ』(1992年)『ダンサー・イン・ザ・ダーク』(2000年)

カトリーヌ・ドヌーヴ
Catherine Deneuve
Catherine Deneuve
カンヌ国際映画祭(2000年)でのカトリーヌ・ドヌーヴ
本名 カトリーヌ・ファビエンヌ・ドルレアック
Catherine Fabienne Dorleac
生年月日 (1943-10-22) 1943年10月22日(78歳)
出生地 フランスの旗 フランス パリ17区
職業 女優
ジャンル 映画
活動期間 1957年 -
配偶者 デビッド・ベイリー英語版(1965年 - 1972年)
著名な家族
主な作品
シェルブールの雨傘』(1963年)
ロシュフォールの恋人たち』(1967年)
昼顔』(1967年)
哀しみのトリスターナ』(1970年)
終電車』(1980年)
インドシナ』(1992年)
8人の女たち』(2002年)
 
受賞
カンヌ国際映画祭
第61回記念特別賞
2008年クリスマス・ストーリー
パルム・ドール名誉賞
2005年
ヴェネツィア国際映画祭
女優賞
1998年『ヴァンドーム広場』
栄誉金獅子賞
2022年
ベルリン国際映画祭
銀熊賞(芸術貢献賞)
2002年8人の女たち
名誉金熊賞
1998年
ヨーロッパ映画賞
女優賞
2002年『8人の女たち』
生涯貢献賞
2013年
セザール賞
主演女優賞
1980年終電車
1992年インドシナ
その他の賞
備考
第63回ヴェネツィア国際映画祭 審査委員長(2006年)
テンプレートを表示

カトリーヌ・ドヌーヴCatherine Deneuve, 1943年10月22日 - )は、フランス女優である。1950年からパリ16区ミュラ大通り界隈に一家で暮らした。本名はカトリーヌ・ファビエンヌ・ドルレアック (Catherine Fabienne Dorleac)。「ドヌーヴ」は母の旧姓[1]

モーリス・ドルレアックフランス語版と母ルネ・シモノフランス語版、4人姉妹のうちドヌーヴと1967年に夭折した姉フランソワーズ・ドルレアック[1]は俳優であり、子供のクリスチャン・ヴァディムキアラ・マストロヤンニも俳優の道に進んでいる。

  1. ^ a b Catherine Deneuve Biography” (英語). Yahoo! Movies. 2007年6月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年8月30日閲覧。
[ 前のページに戻る ]