黒澤酉蔵 くろさわ とりぞう

食品

掲載時肩書雪印乳業相談役
掲載期間1977/09/18〜1977/10/13
出身地茨城県太田
生年月日1885/03/28
掲載回数26 回
執筆時年齢92 歳
最終学歴
中学校
学歴その他
入社松本小四郎 書生
配偶者
主な仕事足尾鉱毒救済運動、宇都宮牧場、北海道製酪販売、北海道興農公社、牛乳>バター、チーズ
恩師田中正造
人脈宇都宮仙太郎、町村敬貴、佐藤貢
備考クリスチャン衆議員
くろさわ とりぞう
黒澤 酉蔵
Torizou Kurosawa1943.jpg
『翼賛議員銘鑑』(議会新聞社、1943年)掲載の肖像写真。
生誕 (1885-03-28) 1885年3月28日
日本の旗 日本 茨城県久慈郡世矢村
死没 (1982-02-06) 1982年2月6日(96歳没)
日本の旗 日本 北海道札幌市
国籍日本の旗 日本
出身校京北中学校
職業実業家、酪農家、政治家、教育
著名な実績日本の酪農業の発展と北海道開発に貢献
影響を受けたもの田中正造
宗教キリスト教
子供長男:力太郎(元酪農学園学園長)
栄誉勲三等旭日中綬章(1964年)
北海道文化賞(1966年)
勲二等旭日重光章(1970年)
勲一等瑞宝章(1981年)
キリスト教功労者(第12回)(1981年)
従三位(1982年 死後叙位)

黒澤 酉蔵(くろさわ とりぞう、1885年明治18年)3月28日 - 1982年昭和57年)2月6日)は、茨城県出身の実業家、酪農家、政治家、教育者、環境運動家。衆議院議員。北海道製酪販売組合連合会(現在の雪印メグミルク)、北海道酪農義塾(現在の酪農学園大学)の設立者。日本の酪農業の発展と北海道開発に功績を残し、"日本酪農の"や"北海道開発の父"と呼ばれる[1][2]

  1. ^ 日外アソシエーツ2004、956頁
  2. ^ 苫小牧新聞1982年2月8日、1面
[ 前のページに戻る ]