鹿島守之助 かしま もりのすけ

建設・不動産

掲載時肩書鹿島会長・参議院議員
掲載期間1964/08/29〜1964/09/23
出身地兵庫県竜野
生年月日1896/02/02
掲載回数26 回
執筆時年齢68 歳
最終学歴
東京大学
学歴その他三高
入社外務省
配偶者永富-> 鹿島養子
主な仕事鹿島建設、北海道開発長官、ドイツ3年、外交関係著書多数
恩師
人脈三木清、末川博士、 塚田十一郎(鹿島社員)
備考
かじま もりのすけ
鹿島 守之助
生誕永富 守之助
(ながとみ もりのすけ)

(1896-02-02) 1896年2月2日
日本の旗 日本 兵庫県揖保郡半田村新在家(現・たつの市揖保川町新在家)
死没 (1975-12-03) 1975年12月3日(79歳没)
墓地曹洞宗吉祥寺文京区本駒込
国籍日本の旗 日本
出身校東京帝国大学法学部政治学科
職業外交官、実業家、政治家
著名な実績外交史研究
鹿島建設の発展
パン・アジアの提唱
影響を受けたものクーデンホーフ=カレルギー伯爵の世界平和思想
肩書き鹿島建設会長
任期1957年1975年
前任者鹿島精一
後任者鹿島卯女
政党自由党自由民主党
配偶者鹿島卯女
子供伊都子ヨシ子三枝子昭一
永富敏夫、永富くわん
親戚梁瀬次郎稲山嘉寛中曽根康弘
受賞

鹿島 守之助(かじま もりのすけ、明治29年(1896年2月2日 - 昭和50年(1975年12月3日)は、日本外交官実業家政治家、外交史研究家。法学博士鹿島建設会長。鹿島建設「中興の祖」[8]参議院議員を18年間務める。第1次岸内閣の国務大臣北海道開発庁長官文化功労者。戦前よりアジア地域統合「パン・アジア」(アジア)を提唱し、生涯にわたりその思想のもとに行動する。旧姓永富(ながとみ)。

  1. ^ 鹿島建設 1974, p. 32
  2. ^ 鹿島建設 1974, p. 30
  3. ^ 鹿島建設 1974, p. 27
  4. ^ 鹿島建設 1974, p. 21
  5. ^ 鹿島建設 1974, p. 19
  6. ^ 鹿島建設 1974, p. 16; 鹿島建設 1989, p. 3
  7. ^ 鹿島の軌跡 | 第12回 バルーチャン発電所, 鹿島建設, http://www.kajima.co.jp/gallery/kiseki/kiseki12/index-j.html 2014年11月20日閲覧。 
  8. ^ 鹿島ブランドを考える……第1回 - 月報KAJIMAダイジェスト, 鹿島建設, (2002年2月), http://www.kajima.co.jp/news/digest/feb_2002/tokushu/toku02.htm 2014年11月20日閲覧。 
[ 前のページに戻る ]