鶴岡一人 つるおか かずと

スポーツ

掲載時肩書元南海ホークス監督
掲載期間1984/04/01〜1984/04/30
出身地広島県
生年月日1916/07/27
掲載回数30 回
執筆時年齢68 歳
最終学歴
法政大学
学歴その他広島商
入社南海
配偶者同郷出身
主な仕事甲子園優勝(米国)、入隊知覧、29歳監督(23年間)、二軍創設、スカウト(別所・広岡・長島裏)、少年野球連盟
恩師
人脈浜崎真二、藤村富美男、若林忠治、大沢 啓二、小西得郎、水原・三原監督
備考ドラフト前の札束合戦
論評

1916年7月27日 – 2000年3月7日、広島県呉市生まれ。プロ野球選手(内野手)・監督、野球解説者。1946年から1958年までは「山本 一人(やまもと かずと)」。初代「ミスターホークス」「ドン鶴岡」とも呼ばれた。南海ホークスの黄金時代を築いた名監督で、日本プロ野球史を代表する指導者の一人。
一軍監督として通算1773勝を挙げた実績から、プロ野球史上最多勝監督としても知られる。また、勝率.609は歴代監督の中でも唯一の6割超えである。藤村富美男とは呉市内の隣の小学校同学年で、当時からのライバルだった。

1.南海入団理由
この球団は昭和13年に日本野球連盟に加盟したばかりの弱小チーム(結成2年目)。軍隊入り必然だから「好きなことをやって死のう」と決心する。阪神と南海の内野陣を比べて、南海の方がスンナリと私を三塁に受け入れてくれそうが、決め手となる。入団してすぐ、主将に任命された。入団時(S14年)の支度金は5千円、月給は250円だった。当時のスター選手の支度金は大企業の部長クラスが住む家を1軒買える額、月給は大学での初任給の約3倍が相場だった。
 
2.野村克也の登用:
ハワイ合宿に代役で選ぶ。野村は入団後肩を痛めていた。ブルペン捕手のかたわら、打撃を生かすために一塁をやらせていた。ところが気候のいいハワイで練習しているうちに、すっかり肩が治った。守備も打撃も良くなったので、オープン戦では捕手に野村ばかりを使った。その年、彼は正捕手を獲得した。野村の努力はもちろん大きかったが、人間の運というものについても考えざるを得ない。高橋ユニオンズの誕生、捕手放出、ハワイの暖かさ、どれ一つ欠けても以後の野村の活躍はなかっただろう。

3.指導者の条件:敵3、味方7なら立派
指導者になると、部下全員が味方だと思ってはいけない。必ず敵がいる。敵がいないと指導者としての勉強をしなくなる。しかし、半分味方で半分敵というのでは、指導者としてゼロ。味方六、敵四で普通、七対三で立派な指導者といえるのではないか。思えば、私の23年間の監督生活は、5対5を6対4に、さらに7対3にするための努力の日々だった。

鶴岡 一人
O'Doul and Tsuruoka 1949.JPG
1949年、来日したサンフランシスコ・シールズ監督のフランク・オドールと握手をする鶴岡
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 広島県呉市[※ 1]
生年月日 (1916-07-27) 1916年7月27日
没年月日 (2000-03-07) 2000年3月7日(83歳没)
身長
体重
173 cm
68 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 三塁手二塁手一塁手外野手
プロ入り 1939年
初出場 1939年3月28日
最終出場 1952年8月12日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督歴
  • グレートリング
    南海ホークス (1946 - 1968)
野球殿堂(日本)
Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg 殿堂表彰者Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg
選出年 1965年
選出方法 競技者表彰

鶴岡 一人(つるおか かずと(かずんど)、1916年大正5年〉7月27日 - 2000年平成12年〉3月7日)は、広島県呉市東二河通(現:西中央)出身[1]プロ野球選手内野手)・監督野球解説者。位階は従五位1946年から1958年までは「山本 一人(やまもと かずと)[2]」。

愛称は鶴岡親分・ツルさん。初代「ミスターホークス」「ドン鶴岡」とも呼ばれた。南海ホークスの黄金時代を築いた名監督で、日本プロ野球史を代表する指導者の一人。

一軍監督として通算1773勝を挙げた実績から、プロ野球史上最多勝監督[3]としても知られる。また、勝率.609は歴代監督の中でも唯一の6割超えである。
引用エラー: 「※」という名前のグループの <ref> タグがありますが、対応する <references group="※"/> タグが見つかりません

  1. ^ 『私の履歴書 プロ野球伝説の名将』、日本経済新聞社、2007年、13頁、同書著者略歴(鶴岡 一人 つるおか かずと |日本経済新聞出版社)。
  2. ^ 日刊スポーツ連載《LEGEND伝説》栄枯盛衰〜消滅球団の光と影⑥(南海編①)2010年4月6日5面
  3. ^ 殿堂一覧|財団法人野球体育博物館 鶴岡一人
[ 前のページに戻る ]