高原慶一朗 たかはら けいいちろう

その他製造

掲載時肩書ユニチャーム会長
掲載期間2010/03/01〜2010/03/31
出身地愛媛県
生年月日1931/03/16
掲載回数30 回
執筆時年齢79 歳
最終学歴
大阪市立大学
学歴その他松山
入社関西紙業
配偶者7歳下 学生
主な仕事城山製紙、国光製紙(父)、独立(大成化 工)、チャームナプキン、紙おむつ、NBC会長、海外展開
恩師
人脈開高健(大学)丸坊主(森下泰、塚本幸一 )研ナオコ、丸田芳郎、大川功、関本忠弘
備考父郷土名士
追悼

氏は’18年10月3日87歳で亡くなった。この「履歴書」に登場は2010年3月で79歳のときであった。氏は「1番になると母が喜んでくれる」ため、勉強もまじめにした。「予習復習は欠かさず、何でもノートに残した。ノート魔は大人になっても変わらない。ゴルフの昼食時でも大学ノートを出し、相手から何かを学び取ろうとして、驚かれることはザラだった。今でも会社の執務室に700冊のノートが並び、読み返している」と書いている。

消費社会の構造変化をとらえる嗅覚は鋭かった。生理用品、紙おむつ、老人用紙おむつ、ペット用品と紙を軸に成長分野へと事業領域を拡げ、勝ちパターンをアジアを中心とした新興国へも当てはめ成長させた。宣伝能力も優れており、従来のナプキンは厚いことが安心感となっていたが、これを技術力で半分の厚さでも変わらない商品を開発した。これを研ナオコの軽妙なキャラクター起用で「まだお厚いのが、お好き?」のセリフが評判となる。この商品が当たり、同業アンネを抜き去り、日本一となった。

しかし、晩年に蹉跌も経験している。ニュービジネス協議会(NBC)の会長に前任のCSKの大川功氏から引き継ぐことが内定していたが、初代会長の野田一夫氏からクレームが付いた。そのクレーム理由を高原氏は「根っからのナンバーワン志向が鼻についたのだろう。勉強会では必ず最前列に座り、質問も最初に手を挙げる。宴席でもノートを拡げペンを執った。最初は「勉強熱心ですね」と言われたが距離を置く人もいた」。NBC会員530をまとめるには自分の非を改めることでこの難関を切り抜けた。

髙原 慶一朗(たかはら けいいちろう、1931年昭和6年〉3月16日 - 2018年平成30年〉10月3日)は、日本実業家ユニ・チャーム創業者で、同社初代代表取締役社長や、日本経団連評議員会副議長等を務めた。第2代ユニ・チャーム代表取締役社長の髙原豪久は長男[1][2]

  1. ^ 「髙原 慶一朗」の家系」思い出のアルバム
  2. ^ “ユニ・チャーム創業者の髙原慶一朗さん死去”. 朝日新聞デジタル. (2018年10月9日). https://www.asahi.com/articles/ASLB94SQFLB9ULFA00Z.html 2018年10月9日閲覧。 
[ 前のページに戻る ]