野見山暁治 のみやま ぎょうじ

芸術

掲載時肩書画家
掲載期間2004/05/01〜2004/05/31
出身地福岡県
生年月日1920/12/17
掲載回数30 回
執筆時年齢84 歳
最終学歴
東京藝術大学
学歴その他
入社
配偶者妹友、後妻はママ
主な仕事病気療養、無言館(窪島誠一郎と)、欧州9年放浪、個展、芸大助教授、
恩師今中利見、鳥飼竜海、小林萬吾
人脈駒井哲郎、田中小実昌(妹婿)、黒田清輝夫人、岡本半三
備考父:炭鉱経営
論評

1920年12月17日 – )は福岡県生まれ。洋画家。炭鉱経営者の子として生まれる。東京美術学校(現東京藝術大学)入学当時は故郷の炭鉱を制作の原風景とし、その後12年間のパリ生活を経て、抽象画へと変化した。野見山の実妹は田中小実昌の妻。田中の死去まで実の兄弟のような交流があった。姪(田中の次女)は小説家田中りえ。

1.恩人・鳥飼竜海先生
中学の鳥飼先生は美術学校の師範科を出た人だが、お寺の伜のせいか、東洋画をもって絵とみなしている。先生はぼくに日本画を勧めたが、火鉢で、しんねりと膠を溶かしたりするのは、まどろっこしい。美術学校の洋画科に行きたいというと、日本画なら鍛えられるが、石膏デッサンはなぁと先生は途方に暮れた。
 ある日、先生が自宅にやってきて、父にギョージを美術学校にやらしてくれ、と頼み込んだ。父は自分の事業を大きく伸ばそうとして、ようやく後継者のことをなど気にしだした矢先のことだ。先生の頼みを、聞き入れる耳など持ってはいない。長男のギョージは九大の工学部に入れる・・・。
 そのとき鳥飼先生は大きく口を開いて笑った。ギョージが九大、工学部・・・親御さんは何を考えていなさるやら。成績がどうだとか、そこを何とかあえて、といった言い方なら父も返す言葉があっただろう。このあけすけな笑いの声には、ただ呆気にとられていた。その後、いろいろやり取りがあった。
 ほとぼりがさめたころ、先生は再度、父と向かい合った。ギョージをどうなさるおつもりなのか。もう父には闘志は残っていなかった。「先生に任す」、たった一言でおしまいになった。

2.石膏像の素描に自信
美術学校の入試前に同舟舎という塾の予備校に入った。先生は美術学校で現役の教授だった。西洋で油絵を習ってきた小林萬吾先生が、試験を間近にひかえた最後の塾生コンクールに参加された。助手は自分の才覚で序列順に作品を並べて終えて、小林先生に批評を仰いだ。最初の4,5枚を先生は満足そうに眺め、ここまで通る、と合格のお墨付きだ。
 その次の何枚かは励ましの言葉になり、それから少しずつ厳しくなり、もう終わりの方は何も言わなかった。ふいとぼくのデッサンに目をやり、これは誰かと尋ねた。どこから来た?名は何という、どんな字だ?誰に教わった?鳥飼センセイ?
 小林先生はみんなに向かってこう言った。最初の4,5枚は立体を掴んでいる。しかしこのデッサンには石膏の重さがある。みんなよく見なさい。重さを描いているのはこの一枚だけだ。

3.参謀・田中小実昌(義弟)
東玉川の家にコミちゃん(田中小実昌)が訪ねてきたときは24,5歳だったろう。頭はもう禿げていた。彼はその頃、テキヤだった。そんな男が実妹のマドと一緒になってぼくのうちに住みついた。学園紛争が起き、何気なく、その団交に顔を出した小磯良平教授は、いきなり胸ぐらを学生に掴まれ、学校に出なくなった。
 ただ一人、助教授で残ったぼくの下には、ふたりの講師と助手がいるだけ。だんだん激してきた学生たちは「教授会を傍聴させろ」という。仕方なく、「明日とことん話し合ったうえで君たちの要求を入れよう」と約束。夕飯のときコミちゃんに相談したら、俺の言う通りにするんだよと策を授けてくれた。翌日、学生達に言った。
 君たちは情けない。教授会を膨張させろなんて、みみっちすぎる、なんで教授会に参画させろと言わん。ここで拍手が1分20秒ぐらい続く。その間ぼくは黙って待つ。シナリオ通りだ。
 よく聞いてもらいたい、教授会に参画する君たちは圧倒的多数で、君たちの中からやがて学長や学部長が選出される。それだけの用意は君たちあるんだろうな・・・ぼくはコミちゃんに指示されたように念を押した。
 いい調子だ。ちょっとしたスターになった。毎晩、参謀に報告し明日の策を授かったが、テキヤというのは、うまく大衆を誘導するものだ。兄貴も又、言われた通り、やるもんねぇと、マドが笑った。

文化勲章
野見山 曉治
文化勲章受章に際して公表された肖像写真
文化勲章受章に際して
公表された肖像写真
原語名野見山 曉治
生誕野見山 曉治
(1920-12-17) 1920年12月17日(100歳)
日本の旗 福岡県嘉穂郡穂波村
国籍日本の旗 日本
出身校東京美術学校洋画科卒業
著名な実績洋画
民族 大和民族
活動期間 1946年 -

野見山 曉治(のみやま ぎょうじ、1920年12月17日 - )は、日本洋画家勲等文化勲章東京芸術大学名誉教授文化功労者

本名は「野見山曉治」であり、文化勲章受章時の名簿でもそのように記載されているが[1]、名の「曉」は旧字体のため、新字体で野見山 暁治(のみやま ぎょうじ)とも表記される。

  1. ^ 平成26年度 文化勲章受章者:文部科学省』2014年11月。
[ 前のページに戻る ]