野田岩次郎 のだ いわじろう

サービス

掲載時肩書ホテルオークラ会長
掲載期間1981/05/31〜1981/06/27
出身地長崎県
生年月日1897/02/15
掲載回数28 回
執筆時年齢84 歳
最終学歴
一橋大学
学歴その他東商予科
入社三井物産
配偶者カリタ嬢
主な仕事日綿転籍、財閥解体委員(三井・三菱・住友・安田・中島・野村・浅野・大倉・古河・鮎川)
恩師
人脈新関八洲太郎、大屋晋三(大学同期)平生釟三郎、大倉喜八郎、奥村綱雄、小林一三
備考中根式速記友人兄

野田 岩次郎(のだ いわじろう、1897年明治30年)2月15日 - 1988年昭和63年)12月15日)は長崎県長崎市出身の実業家第二次世界大戦後、連合国占領統治下の日本に於いて、持株会社整理委員会(HCLC)常務委員・委員長として財閥解体に当たり、HCLC解散後はホテルオークラの立ち上げに参加。日本ホテルの国際化の礎を築いた。

[ 前のページに戻る ]