酒井田柿右衛門 さかいだ かきえもん

芸術

掲載時肩書陶芸家
掲載期間1980/06/03〜1980/06/30
出身地佐賀県
生年月日1906/09/20
掲載回数29 回
執筆時年齢74 歳
最終学歴
専門学校
学歴その他
入社
配偶者見合い
主な仕事焼き物(成形、絵付け、窯焼き)、窯焼き (素焼き900℃、本焼き1300℃、仕上焼き500℃)
恩師特徴 にごし手
人脈有田焼(古伊万里、色鍋島、柿右衛門)、 赤絵(本焼き絵800℃、別窯で)、常の花
備考1594朝鮮から

酒井田柿右衛門(さかいだかきえもん、初代:1596年11月15日慶長元年9月25日) - 1666年7月20日寛文6年6月19日))は、江戸時代肥前国佐賀県有田陶芸家、および代々その子孫(後継者)が襲名する名称

2015年3月現在、第十五代酒井田柿右衛門1968年 - 、旧名:浩(ひろし)、2014年に襲名)が当代である[1]

  1. ^ 佐賀新聞(2014年1月31日)
[ 前のページに戻る ]