遠藤周作 えんどう しゅうさく

文芸

掲載時肩書作家
掲載期間1989/06/01〜1989/06/30
出身地兵庫県
生年月日1923/03/27
掲載回数29 回
執筆時年齢66 歳
最終学歴
慶應大学
学歴その他3年浪人
入社鎌倉文庫
配偶者記載なし
主な仕事やんちゃ(鞍馬天狗まね等)、松竹X、仏留学、海と毒薬
恩師佐藤 朔 塾長
人脈阿川弘之、楠本憲吉、利光松男、三浦朱門、松村剛・英子、佐藤愛子、安岡、吉行
備考クリスチャン
論評

1923年(大正12年)3月27日 – 1996年(平成8年)9月29日)は東京都生まれ。小説家。随筆や文芸評論や戯曲も手がけた。狐狸庵先生などと称される愉快で小仙人的な世間一般の持つ印象とは異なり、実物の遠藤周作は、おしゃれで痩身長躯すらりとした体つきの作家であり、豪放磊落開放的な態度で一般とも接するのを常としていた。この「履歴書」では、少年期のヤンチャぶりを軽妙洒脱に書いている。

1.東海林太郎氏の妻
大連時代に私の家によく遊びに来る女性がいた。彼女は上野の音楽学校(今の芸大)の卒業生で、亡くなった私の母もそこを出ていたので、親しく交際していたのである。渡辺静(しず)さんという名前だった。
 彼女は私の通っていた小学校からあまり遠くない場所に大きなシェパードと一緒に住んでいた。私はそのシェパードと遊びたくて、下校の途中、よく彼女の家に寄っていたものだ。一人暮らしの彼女は子供の私が来るのを楽しみにしてくれて、おやつを食べさせ、犬と遊ばせ、それを幾分寂しそうな微笑を浮かべて見ていた。どうしておばさんは一人で住んでいるのかと私は不躾な質問をしたことがある。
「間もなく、大連におじさんが来るから待っている」と答えた。おじさんとは彼女の恋人のことだった。彼女がじっと待っている「おじさん」とは年配の人ならおそらく記憶している東海林太郎という歌手だった。
 ある雑誌がその東海林太郎さんと対談する機会を私に与えてくれた。対談が終わった後、
「私は子供の頃大連に居られた奥さまに可愛がっていただきました」と私が彼女の名前を口に出したとき、「えっ」と東海林さんは驚いて、うつむいた。「静は・・・私にとって・・・神のような人でした」と言った。
彼の眼から泪が出ていた。

2.白紙答案はダメと言われて
往年の通信簿を見ると国語や英語は60点台の数字がつけられ、数学や物理や化学は20点~40点という悲惨な点数がつけられている。数学の試験は白紙に近かった。「白紙はいけない。何でもいいから書け」と秀才だった兄に叱られた。もっともだと思った。
 次の試験の時、兄のこの忠告を思い出して教室で問題とにらめっこしたが、いくら睨んでも答えられる筈がない。色々と考えた末、全問に「そうである、まったくそうである。僕もそう思う」と書いた。当時は灘中もスパルタ教育だったから、私は数学の先生にひっぱたかれた。

3.仏留学で珍回答
大学の始まるまで3ケ月間の夏休み、ロビンヌさんという建築家のご夫婦が、見も知らぬ私をわが子のように可愛がってくれた。
 ロビンヌ家は熱心なカトリック信者だったから子供の数は多かった。今もそうだが当時の私のフランス語はひどかったから、夕食の時、日中はともかく、かわたれ時になると相手の言うことがモウロウとしてくる。夕食のテーブルで、「日本の家ではベッドがないんだってね。じゃ、床に寝るの」などと子供から聞かれても、畳の説明をするのが面倒くさく困難だ。だから畳の代わりに藁という言葉を使い、「藁(バイユ)を使うんです」と答える。子供たちがどっと笑うとロビンヌ夫人が私に気を使って、
「いいえ、前にキャンプで私たちも農家の納屋に泊まったでしょう。あの時藁が暖かかったのを覚えているでしょ。だから日本人の方はそれに寝るんですよ」ととりなしてくれるのだった。
 「日本人の家は木と紙で出来ているそうだが、台風に飛ばされないのかね」とロビンヌ氏に訊ねられる。障子の説明をするためにいい知恵も浮かばないし、夕暮れで私はくたびれている。面倒くさくなり、
 「はぁ、ときどき、空中に飛ばされます」、「ふむゥ」。ロビンヌ家ではあの頃、私を通して日本について奇怪なイメージをあまた持ったに違いない。

遠藤 周作
Shūsaku Endō.jpg
誕生 1923年3月27日
日本の旗 日本 東京府北豊島郡西巣鴨町
(現 東京都豊島区北大塚
死没 (1996-09-29) 1996年9月29日(73歳没)
日本の旗 日本 東京都新宿区信濃町 慶應義塾大学病院[1]
職業 小説家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
教育 学士文学
最終学歴 慶應義塾大学仏文科
活動期間 1953年 - 1996年
ジャンル 小説
随筆
文芸評論
戯曲
主題 キリスト教
文学活動 第三の新人
代表作
  • 『白い人』(1955年)
  • 海と毒薬』(1958年)
  • 沈黙』(1966年)
  • 『イエスの生涯』(1973年)
  • 』(1980年)
  • 深い河』(1993年)
主な受賞歴
子供 遠藤龍之介(長男)
親族
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

遠藤 周作(えんどう しゅうさく、1923年大正12年〉3月27日 - 1996年平成8年〉9月29日)は、日本小説家

12歳の時カトリック教会で受洗。評論から小説に転じ、「第三の新人」に数えられた。その後『海と毒薬』でキリスト教作家としての地位を確立。日本の精神風土とキリスト教の相克をテーマに、神の観念や罪の意識、人種問題を扱って高い評価を受けた。ユーモア小説や「狐狸庵」シリーズなどの軽妙なエッセイでも人気があった。日本ペンクラブ会長。日本芸術院会員。文化功労者文化勲章受賞。

  1. ^ 史上初の大調査 著名人100人が最後に頼った病院 あなたの病院選びは間違っていませんか”. 現代ビジネス (2011年8月17日). 2019年12月22日閲覧。
[ 前のページに戻る ]