辻久子 つじ ひさこ

芸術

掲載時肩書バイオリニスト
掲載期間1988/04/01〜1988/04/30
出身地大阪府
生年月日1926/03/16
掲載回数29 回
執筆時年齢62 歳
最終学歴
高等学校
学歴その他相愛女学園
入社
配偶者9歳下
主な仕事父:宝塚コン・マスター、家庭教師、曲目箱、ガダニーニ、ストラディバリウス(285歳)
恩師山田耕筰、小谷正一
人脈絶対音感、9歳・陸(爆・戦・偵)、海(音波、位置・距離)、レオ・シロタ、三浦環、ローゼン・シュトック、甘粕正彦、朝比奈隆、オイストラフ、
備考父が教師
追悼

氏は‘21年7月13日に95歳で亡くなった。この「私の履歴書」に登場は1988年4月の62歳のときでした。氏の「私の履歴書」で、もっとも印象深かったのは、絶対音感の持ち主と評判が立った9歳の時に、陸軍の呼び出しを受け、基地に行ってみると、上空を飛んでいる戦闘機や爆撃機、偵察機などの機種を、爆音によって識別せよと言われた。そして、その型式まで聴き分けろ、とも。しかし、彼女にとっては、爆音の違いはすぐ分かる。これは何、この音はあれ、と機種と型式を覚えこんだら、後は百発百中だった」と書いていた。へぇーと思ったものでした。

氏は、―私のことを”天才少女“と言う人に会うたびに、父は言い返してきた。「生まれながらの天才なんていない。60%の才能があれば後は努力の積み重ね。久子はそれをやっただけや」と。私が現在まで長続きしているのも極めて健康に恵まれたからだ。若くして病死した母・里津が、その余命を私に授けて言ってくれたのだろうと、しみじみ思うことがある。ただ、私が一番恐れているのは、深夜の一人稽古に耐えられなくなり、今の勉強時間が半分になっても弾けるという、怠け心を退けられなくなった時のこと。その時がバイオリンを置く日になるのだろうーと書いていた。
 おつかれさまでした。ごゆっくり、お休みください。

美女と才女
辻久子
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。
辻 久子
Tsuji Hisako.JPG
アサヒグラフ』 1951年9月19日号表紙
基本情報
生誕 (1926-03-16) 1926年3月16日
出身地 日本の旗 日本 大阪府大阪市
死没 (2021-07-13) 2021年7月13日(95歳没)
日本の旗 日本 大阪府大阪市
学歴 相愛高等女学校
ジャンル クラシック音楽
職業 ヴァイオリニスト
担当楽器 ヴァイオリン

辻 久子(つじ ひさこ、本名:坂田 久子[1]1926年3月16日 - 2021年7月13日)は、日本のヴァイオリニストである。大阪芸術大学名誉教授。辻久子弦楽塾塾長。

  1. ^ "辻久子さんが死去 バイオリニスト". 日経電子版. 日本経済新聞社. 13 July 2021. 2021年7月13日閲覧
[ 前のページに戻る ]