豊田英二 とよだ えいじ

輸送用機器・手段

掲載時肩書トヨタ自動車会長
掲載期間1984/09/18〜1984/10/15
出身地愛知県名古屋
生年月日1913/09/12
掲載回数28 回
執筆時年齢71 歳
最終学歴
東京大学
学歴その他八高
入社豊田自動織機
配偶者
主な仕事ジャストインタイム、フォード提携、 トヨタ財団、豊田工業大学
恩師高梨壮夫
人脈父平吉(佐吉弟)喜一郎(佐吉長男)章一郎(喜一郎長男)、岩間正男
備考
追悼

トヨタ中興の祖が’13年9月17日100歳で亡くなった。父親平吉は自動織機の発明者・豊田佐吉の弟であった。佐吉の長男・喜一郎社長の右腕としてトヨタの創成期を支え、喜一郎の急逝後も高級車の草分けとなる「クラウン」や大衆車「カローラ」を世に送り出し、日本のモータリゼーションの発展に大きな功績を遺した。「私の履歴書」には71歳のときに登場した。そのとき佐吉の思い出を書いている。

おやじの兄弟、つまり豊田佐吉、平吉、佐助は異常に仲が良かった。みんな酒好きだが、末っ子の佐助が一番強かった。うちの親父も好きだが一番弱い。長男の佐吉は真ん中ぐらいだろう。おじいさんの伊吉は大工だった。大工は毎日仕事があるわけではないから、農業もやる。大工の仕事があると、それをやって現金収入を得ていたのであろう。佐吉も見よう見まねで大工仕事をやっていた。初めは伊吉が教えていたのだろうが、おやはなかなか教えにくい。だから豊橋の大工の棟梁に弟子入りさせた。佐吉が最初につくった「かせ繰り機」は、機械と言っても、要は大工仕事の延長であったわけだ。

徹底して無駄を省く「トヨタ生産方式」を体系化したのは副社長の大野耐一氏であるが、それを実践し浸透させたのは英二氏だ。このカイゼンカンバン、現場主義の生産方式活動がトヨタのDNAとなり日本最大の優良企業となっている。

とよだ えいじ
豊田 英二
Eiji toyoda.jpg
豊田英二
生誕 (1913-09-12) 1913年9月12日
日本の旗 愛知県西春日井郡金城村
死没 (2013-09-17) 2013年9月17日(100歳没)
日本の旗 愛知県豊田市
国籍日本の旗 日本
出身校東京帝国大学工学部卒業
職業実業家
配偶者豊田寿子(
子供豊田幹司郎長男
豊田鐵郎二男
豊田周平三男
豊田平吉(
親戚豊田佐吉伯父
豊田佐助叔父
豊田芳年
豊田喜一郎従兄
豊田章一郎従甥
豊田達郎(従甥)
豊田章男従姪孫
豊田達也(従姪孫)

豊田 英二(とよだ えいじ、1913年9月12日 - 2013年9月17日)は、日本実業家位階正三位勲等勲一等豊田佐吉の甥。

トヨタ自動車工業株式会社社長(第5代)、トヨタ自動車株式会社会長(初代)、同社名誉会長(初代)、同社最高顧問(初代)、社団法人日本自動車工業会会長(第2代)、財団法人トヨタ財団理事長(初代)、学校法人トヨタ学園理事長(初代)、学校法人トヨタ東京整備学園理事長(初代)などを歴任した。石田退三と共に[1][2]「トヨタ中興の祖」と呼ばれている[3][4][5]

  1. ^ 苦労はいつか花となり実となる---トヨタ中興の祖、石田退三伝 Response. 2011年4月30日
  2. ^ トヨタ語録 - Amazon.co.jp
  3. ^ トヨタ最高顧問 豊田英二氏が死去 100歳、中興の祖 日本経済新聞 2013年9月17日
  4. ^ トヨタ中興の祖、世界が追随「カンバン方式」 モノづくりに心血 産経新聞 2013年9月18日
  5. ^ 豊田英二氏死去 トヨタ方式を確立 中興の祖、生産効率追求 東京新聞 2013年9月18日
[ 前のページに戻る ]