谷川徹三 たにがわ てつぞう

学術

掲載時肩書前法政大学総長
掲載期間1967/12/05〜1967/12/31
出身地愛知県
生年月日1895/05/26
掲載回数27 回
執筆時年齢72 歳
最終学歴
京都大学
学歴その他一高
入社同志社講師
配偶者
主な仕事親鸞、法政大学、陛下と食事
恩師西田幾多郎
人脈有島武郎、三木清、林達夫、志賀直哉 和辻哲郎
備考
谷川 徹三
生誕 1895年5月26日
愛知県知多郡常滑町(現:常滑市保示町)
死没 (1989-09-27) 1989年9月27日(94歳没)
出身校 京都帝国大学文学部哲学科
子供 谷川俊太郎
テンプレートを表示

谷川 徹三(たにかわ てつぞう、1895年明治28年〉5月26日 - 1989年平成元年〉9月27日)は、日本哲学者法政大学総長などを務めた。愛知県知多郡常滑町(現:常滑市保示町)生まれ。京都帝国大学文学部哲学科卒業。日本芸術院会員。常滑市名誉市民。

ジンメルカントの翻訳や、文芸、美術、宗教、思想などの幅広い評論活動を行った。詩人谷川俊太郎は長男。作曲家谷川賢作は孫。スタイリスト谷川夢佳は曾孫。元愛知県常滑市長の庭瀬健太郎は甥[1][2]林達夫三木清とは同期の友人。

  1. ^ 中日新聞』1995年2月28日付朝刊、県内版、16面、「庭瀬ゆりさん死去」。
  2. ^ 『中日新聞』1996年2月10日付朝刊、知多版、「谷川俊太郎さん 18日にサイン会 常滑の書店」。
[ 前のページに戻る ]