諸井貫一 もろい かんいち

ゴム・セメント・鉱業

掲載時肩書秩父セメント社長
掲載期間1960/05/01〜1960/05/28
出身地東京都
生年月日1896/01/11
掲載回数28 回
執筆時年齢64 歳
最終学歴
東京大学
学歴その他一高 大学院経済学研究科
入社母校助手
配偶者
主な仕事秩父セメント(父創立)東大講師20年 経済連盟(永野・桜田・小笠原)
恩師父・諸井恒平
人脈河合栄治郎・森戸辰男(先輩) 向坂逸郎(同窓)渋沢栄一(父と同郷)
備考東大講師20年

諸井 貫一(もろい かんいち、1896年1月11日 - 1968年5月21日)は、東京府(現東京都)生まれの実業家。セメント製造事業の開拓を手掛けた諸井恒平渋沢栄一と親類関係に当たる)の長男で、東諸井家12代当主。秩父セメント(現太平洋セメント)社長、秩父鉄道会長、埼玉銀行(現埼玉りそな銀行)会長、日本煉瓦製造会社会長を歴任し、経済団体連合会(経団連)の創設など日本の近代化に深く貢献した。従三位勲一等

[ 前のページに戻る ]