葉上照澄 はがみ しょうちょう

宗教

掲載時肩書比叡山長老
掲載期間1987/10/01〜1987/10/31
出身地岡山県
生年月日1903/08/15
掲載回数
執筆時年齢84 歳
最終学歴
東京大学
学歴その他六高
入社大正大学 講師
配偶者大恋愛 一高女
主な仕事9歳で得度、大正(真言、天台、浄土)教授、写経(33人・僧俗)、千日回峰(44~51歳)、宗教サミット
恩師叡南 祖賢師
人脈永野重雄(2上)、桜田武(同級)、野村和也、マッカーサー、宮沢賢治、
備考
はがみ しょうちょう
葉上 照澄
生誕1903年明治36年)8月15日
日本の旗 日本 岡山県
死没 (1989-03-07) 1989年3月7日(85歳没)
出身校東京帝国大学
職業大学教授、新聞社論説委員、僧侶、平和運動家

葉上 照澄(はがみ しょうちょう、1903年8月15日 - 1989年3月7日)は、天台宗僧侶(大阿闍梨)。延暦寺長﨟で初代印度山日本寺竺主および世界連邦日本宗教委員会会長を務めた。世界平和のためには宗派を超えた宗教者の連帯が必要との持論から、世界宗教サミットを開催した。

南海ホークス時代の野村克也の後援会長も務めていた。

[ 前のページに戻る ]