荻原井泉水 おぎわらい せんすい

文芸

掲載時肩書俳人
掲載期間1957/02/19〜1957/03/06
出身地東京都
生年月日1884/06/16
掲載回数15 回
執筆時年齢73 歳
最終学歴
東京大学
学歴その他一高
入社
配偶者
主な仕事一高俳句会、「層雲」、自由律俳句、 「奥の細道評論」「一茶真蹟全集」
恩師元良勇次郎 、原勝郎
人脈正岡子規、碧梧桐、啄木、
備考全国遍路

荻原 井泉水(おぎわら せいせんすい、1884年明治17年)6月16日 - 1976年昭和51年)5月20日)は、日本自由律俳句俳人、俳論家。「層雲」を主宰、尾崎放哉種田山頭火らを育てた。本名・幾太郎のち藤吉。日本芸術院会員。

荻原 井泉水
誕生 荻原 藤吉
1884年6月16日
東京市芝区神明町
死没 (1976-05-20) 1976年5月20日(91歳没)
職業 俳人
最終学歴 東京大学言語学科卒業
代表作 『皆懺悔』(1928年)
『原泉』(1960年)
『長流』(1964年)
テンプレートを表示
[ 前のページに戻る ]