茂木友三郎 もぎ ともさぶろう

食品

掲載時肩書キッコーマン名誉会長
掲載期間2012/07/01〜2012/07/31
出身地千葉県
生年月日1935/02/13
掲載回数
執筆時年齢77 歳
最終学歴
慶應大学
学歴その他上野高
入社キッコーマン
配偶者病院長娘
主な仕事colonbia大mba,米国工場、teriyaki,海外 展開、社外取締役、
恩師
人脈亀甲萬、加賀美俊夫、マルコム、ミック、 松井秀喜、貴乃花、宮内義彦(S10),
備考茂木6、高梨、堀切の8家
もぎ ゆうざぶろう
茂木 友三郎
Yuzaburo Mogi cropped 2 Yuzaburo Mogi 201811.jpg
文化功労者顕彰に際して
公表された肖像写真
生誕 (1935-02-13) 1935年2月13日(86歳)
日本の旗 日本 千葉県
出身校慶應義塾大学法学部
コロンビア大学コロンビア・ビジネス・スクール(MBA)
職業実業家・経営学者
親戚茂木啓三郎(父)
茂木賢三郎(弟)
受賞藍綬褒章(1999年)
オランダ王国オレンジ・ナッソー勲章(2003年)
ドイツ連邦共和国功労勲章大功労十字賞(2006年)
文化功労者(2018年)

茂木 友三郎(もぎ ゆうざぶろう、1935年昭和10年)2月13日 - )は、日本経営者キッコーマン株式会社取締役名誉会長・取締役会議長。父はキッコーマン中興の祖・茂木啓三郎元社長。茂木賢三郎独立行政法人日本芸術文化振興会理事長は弟。

コロンビア大学コロンビア・ビジネス・スクール経営学修士学位を修得し、コロンビア大学名誉理事も務めた。日本経済団体連合会常任理事、経済同友会終身幹事、文部科学省中央教育審議会副会長、産業教育振興中央会会長、慶應義塾評議員・理事、日本国際フォーラム顧問、日本経営協会会長等を歴任。

2014年6月に公益財団法人日本生産性本部会長に79歳という異例の老齢で就任した。同財団に事務局を置く新しい日本をつくる国民会議(21世紀臨調)共同代表、日本アカデメイア共同塾頭、一般社団法人全日本・食学会名誉理事[1]でもある。

  1. ^ 全日本・食学会 組織概要
[ 前のページに戻る ]