芹沢光治良 せりざわ こうじろう

文芸

掲載時肩書作家
掲載期間1965/09/17〜1965/10/14
出身地静岡県
生年月日1897/05/04
掲載回数28 回
執筆時年齢69 歳
最終学歴
東京大学
学歴その他一高仏
入社代用教員、農商務省
配偶者社長娘
主な仕事父・天理教に財産を寄付、天理教否定・破門、仏留学療養3年、文学志向に、「ブルジョア」「人間の運命」
恩師軍人から教育費、前田千寸先生、砂崎徳三校長、石丸氏
人脈船成金(緒明圭造)、有島武郎(草の葉)、菊池勇夫、横田喜三郎、岡野喜一郎、池島信平、石川達三、
備考次郎長の遺児Yさん
論評

1896年(明治29年)5月4日 – 1993年(平成5年)3月23日)は静岡県生まれ。小説家。仏留学後、『ブルジョア』で出発。『巴里に死す』で注目された。作品は父性希求、天理教を主題にしたもの、日本と西洋の対比やその矛盾を追究するものの系列があり、冷徹な目を据えながら、生と死、愛の問題を扱った主知的ヒューマニズム作家。日本よりもむしろ海外(特にフランス)で高い評価を受け、後年しばしばノーベル文学賞候補と噂された。晩年には、「文学はもの言わぬ神の意思に言葉を与えることだ」との信念に拠り、”神シリーズ”と呼ばれる、神を題材にした一連の作品で独特な神秘的世界を描いた。

1.明治末には人身売買が
明治の末には日本全体が貧しかった。私の村では、女の子は口べらしのために、小学校を出ると、子守か、女工かになって村を出たし、東京にも売られても行った。女の子は漁師にできないからだった。その代わりに、男の子を買った。男の子が公然と売買された。毎年2回、男の子を20人ばかり連れて、売りに来る人があった。子供は年齢や体格によって、値段が違い、10円から20円ぐらいであった。買われた松雄は、10円松っちゃん、15円で買われた太郎は、15円の太郎ちゃんというように。
 買われた子は、義務教育を終わっていなくても、小学校にはやらず、沖に連れて行った。徴兵検査まで働いて、次の一年間、沖へ出て稼いだものを貰って独立する習慣であった。子供を買う希望者が多くて、1,2年前から前金で申し込んでおかなければ、変えない有様であった。買われてきた子は、魚を食べられることがうれしいとも、ご飯が食べられるから幸せだとも、言った。私の貧しい漁村よりも、もっと貧困な村が、よそにあることを、私は売られてくる子供によって知った。

2.小説家の社会的地位
私が一高、東大を出て、農商務省に勤め、高等事務官になり、中央大学で貨幣論を講義する立場になった。総合雑誌「改造」に応募した「ブルジョア」が一等に当選した時、小説家になろうと決意した。
 私が小説家になるということは、周囲に混乱を起こした。特に妻の家では狼狽した。岳父は名古屋鉄道の社長であったが、原稿料を払うから、小説を発表するのは止めてくれと言った。名古屋に来て、仕事を手伝えば、安楽に暮らせるからと、それを勧めた。
 朝日新聞の夕刊に小説を発表したことで、中央大学を辞めなければならない仕儀になった。経済学の先生が、小説を書くというのは、大学の不名誉でもあり、学生に悪い影響を与えると、大学当局は考えた。そんな時代だったのだろう。処女作を発表して間もない者が、朝日新聞に夕刊小説を書くということは、文壇では稀有なことで、いろいろ取沙汰されたそうだが、私は10年間、病人として療養生活をしていたので、誰にも会わず、文壇的な付き合いもしなかったから、そんなことも、全く知らなかった。

3.「私の履歴書」のさまざまな読者反響
私の故郷の部落に、男の子を売りに来たということを、信じかねる読者が多かった。しかし、それは事実であった。甲州屋遠州の農村の子供を買い集めては、10数人連れて、年に2回売りに来る男があった。人買いであろう。中学2年の時であったが、叔母がその人買いから男の子を買うのだから、一緒に来て、買う子供の選択を助けるようにと、無理に連れていかれて、その人買いと売られる少年の群れを見た。その時の光景を今も鮮やかに覚えている。
 この「履歴書」が15回ほど連載された時、愛知県岡崎の未知の人から電話があった。その人は、5歳で買われて3年間、どんなにひどい目にあったか、わけもなく手に灸をすえられたり、殴られて生傷が絶えなかったなどを、話した。そして、この人の祖父さんが毎夜孫がいじめられている悪夢を見つづけて、半年後、買い戻そうとしたが、どこへ売られたか、行方が分からずに、警察に頼んだりして、3年近くかかってやっと、家に帰ったとも話してくれた。

芹沢 光治良
(せりざわ こうじろう)
Kojiro Serizawa 01.jpg
1956年頃撮影
誕生 芹澤 光治良
(せりざわ みつじろう)[1]
1896年5月4日
日本の旗 日本静岡県駿東郡楊原村我入道
(現・沼津市我入道
死没 (1993-03-23) 1993年3月23日(96歳没)
日本の旗 日本東京都中野区東中野
墓地 日本の旗 日本・静岡県沼津市
職業 小説家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
教育 学士経済学
最終学歴 東京帝国大学経済学部
活動期間 1930年 - 1993年
ジャンル 小説
代表作 『橋の手前』(1933年)
巴里に死す』(1943年)
『一つの世界』(1955年)
『人間の運命』(1962-68年)
主な受賞歴 友好大賞(フランス)(1957年)
フランス友好国大賞(1959年)
芸術選奨(1965年)
勲三等瑞宝章(1967年)[2]
日本芸術院賞(1969年)
フランス芸術文化勲章(コマンドゥール賞)(1974年)
デビュー作 『ブルジョア』(1930年)
配偶者 芹沢 金江(せりざわ かなえ)
(1925年4月結婚-1982年2月病没)[1](旧姓・藍川) 
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

芹沢 光治良(せりざわ こうじろう、1896年明治29年)5月4日 - 1993年平成5年)3月23日)は日本の小説家静岡県沼津市名誉市民(1980年‐ )[3]東京帝国大学経済学部卒。留学後、『ブルジョア』で出発。『巴里に死す』で注目された。作品は父性希求、天理教を主題にしたもの、日本と西洋の対比やその矛盾を追究するものの系列があり、冷徹な目を据えながら、生と死、愛の問題を扱った主知的ヒューマニズム作家。日本よりもむしろ海外(特にフランス)で高い評価を受け、後年しばしばノーベル文学賞候補と噂された。晩年には、「文学はもの言わぬ神の意思に言葉を与えることだ」[4]との信念に拠り、"神シリーズ"と呼ばれる、神を題材にした一連の作品で独特な神秘的世界を描いた。1965年‐1974年日本ペンクラブ会長。日本芸術院会員。

  1. ^ a b 第14回 中野区ゆかりの著作者紹介展示 芹沢光治良(2017年11月25日‐2018年1月25日)”. 東京都中野区立中央図書館. 2021年7月15日閲覧。(PDF)
  2. ^ 読売新聞・1967年11月3日・1面「秋の叙勲」、5面「叙勲された人々 勲二等 勲三等」。
  3. ^ 『海と風と愛 芹澤文学の世界 ‐芹澤光治良生誕百年記念事業‐』(沼津市立図書館編集・発行、1997年10月)巻末略年譜よりp.119。
  4. ^ 『芹沢光治良先生追悼文集』1995
[ 前のページに戻る ]