芹沢光治良 せりざわ こうじろう

文芸

掲載時肩書作家
掲載期間1965/09/17〜1965/10/14
出身地静岡県
生年月日1897/05/04
掲載回数28 回
執筆時年齢69 歳
最終学歴
東京大学
学歴その他一高仏
入社農商務省
配偶者
主な仕事父・天理教に財産を寄付、天理教否定 仏留学3年、「人間の運命」
恩師有島武郎 石丸氏
人脈ペンクラブ(藤村)、岡野喜一郎
備考次郎長のYさん
芹沢 光治良
(せりざわ こうじろう)
Kojiro Serizawa 01.jpg
1956年頃撮影
誕生 1896年5月4日
日本の旗 日本静岡県駿東郡楊原村我入道
(現・沼津市我入道
死没 (1993-03-23) 1993年3月23日(96歳没)
日本の旗 日本東京都中野区東中野
墓地 日本の旗 日本・静岡県沼津市
職業 小説家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
教育 学士経済学
最終学歴 東京帝国大学経済学部
活動期間 1930年 - 1993年
ジャンル 小説
代表作 『橋の手前』(1933年)
巴里に死す』(1943年)
『一つの世界』(1955年)
人間の運命』(1962-68年)
主な受賞歴 友好大賞(フランス)(1957年)
フランス友好国大賞(1959年)
芸術選奨(1965年)
日本芸術院賞(1969年)
芸術文化勲章(コマンドゥール)(1974年)
デビュー作 『ブルジョア』(1930年)
パートナー 金江
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

芹沢 光治良(せりざわ こうじろう、1896年明治29年)5月4日 - 1993年平成5年)3月23日)は日本の小説家静岡県沼津市名誉市民東京帝国大学経済学部卒。留学後、『ブルジョア』で出発。『巴里に死す』で注目された。作品は父性希求、天理教を主題にしたもの、日本と西洋の対比やその矛盾を追究するものの系列があり、冷徹な目を据えながら、生と死、愛の問題を扱った主知的ヒューマニズム作家。日本よりもむしろ海外(特にフランス)で高い評価を受け、後年しばしばノーベル文学賞候補と噂された。晩年には、「文学はもの言わぬ神の意思に言葉を与えることだ」[1]との信念に拠り、"神シリーズ"と呼ばれる、神を題材にした一連の作品で独特な神秘的世界を描いた。日本ペンクラブ会長。芸術院会員。

  1. ^ 『芹沢光治良先生追悼文集』1995
[ 前のページに戻る ]