糸川英夫 いとかわ ひでお

学術

掲載時肩書組織工学研究所長
掲載期間1974/11/10〜1974/12/06
出身地東京都
生年月日1912/07/10
掲載回数27 回
執筆時年齢62 歳
最終学歴
東京大学
学歴その他東京高
入社中島飛行機
配偶者
主な仕事小学(電気砲、電磁砲)、医学、音楽、 航空、脳波心電機、、音響、ロケット
恩師
人脈マムシに噛まれる、松平康隆
備考クリスチャン
糸川英夫
Hideo Itokawa circa 1961.jpg
1961年撮影
生誕 1912年7月20日[1]
東京市麻布区
死没 (1999-02-21) 1999年2月21日(86歳没)
長野県丸子町
国籍 日本の旗 日本
研究分野 航空宇宙工学
研究機関 中島飛行機
東京帝国大学第二工学部
東京帝国大学航空研究所
東京大学生産技術研究所
東京大学宇宙航空研究所
出身校 東京帝国大学工学部
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

糸川 英夫(いとかわ ひでお、1912年7月20日[1] - 1999年2月21日)は、日本工学者。専門は航空工学宇宙工学ペンシルロケットに始まるロケット開発や宇宙開発を先導し、「日本の宇宙開発・ロケット開発の父」と呼ばれる。

  1. ^ a b 『朝日現代用語 知恵蔵 1990』朝日新聞社、東京都中央区築地5-3-2、1990年1月1日、1163頁。雑誌60031-01。
[ 前のページに戻る ]