竹田恒徳 たけだ つねのり

スポーツ

掲載時肩書国際オリンピック委員会委員
掲載期間1976/04/02〜1976/04/30
出身地東京都
生年月日1909/03/04
掲載回数29 回
執筆時年齢67 歳
最終学歴
陸軍大学校
学歴その他学習院
入社鎮撫使
配偶者三条実美2娘
主な仕事昭和最初の皇族(竹田宮)、馬術:息子 (恒和:IOC委員)、大本営参謀、関東軍参謀、
恩師虎:髭、骨 、肉、皮
人脈西竹一中尉(6歳上)、山下奉文、 本間将軍、瀬島龍三(後任)
備考大名跡地 詳しい

竹田宮恒徳王
竹田宮
PrinceTakedaTsunenori.jpg
続柄

身位 →(皇籍離脱)
敬称 殿下→(皇籍離脱)
出生 1909年3月4日
日本の旗 日本 東京府
死去 (1992-05-11) 1992年5月11日(83歳没)
配偶者 三条光子
子女 恒正王
素子女王
紀子女王
恒治王
恒和
父親 竹田宮恒久王
母親 恒久王妃昌子内親王
役職 陸軍軍人陸軍中佐)、繊維会社経営、日本オリンピック委員会委員長、国際オリンピック委員会理事、国際オリンピック委員会名誉委員、日本馬術連盟会長、日本スケート連盟会長、全国ラジオ体操協会会長、日本体育協会専務理事 など
テンプレートを表示
恒徳王と同妃光子

竹田 恒徳(たけだ つねよし、1909年明治42年〉3月4日 - 1992年平成4年〉5月11日)、または竹田宮恒徳王(たけだのみや つねよしおう)は、日本旧皇族竹田宮第2代当主)、陸軍軍人竹田宮恒久王の第1男子。最終階級陸軍中佐勲等大勲位1947年(昭和22年)10月に皇籍離脱した。

母は明治天皇の第六皇女・常宮昌子内親王昭和天皇は従兄であり、その皇后である香淳皇后は再従姉にあたる。また上皇は従甥、今上天皇は従姪孫にあたる。

妹の禮子女王佐野常光に嫁す。

[ 前のページに戻る ]