磯崎叡 いそざき えい

交通(陸海・海運)

掲載時肩書サンシャインシティ相談役
掲載期間1990/06/01〜1990/06/30
出身地東京都
生年月日1912/08/16
掲載回数
執筆時年齢78 歳
最終学歴
東京大学
学歴その他一高
入社鉄道省
配偶者山陽鶴 の娘
主な仕事仙台、本社、広島、10万人整理、国鉄球団、洞爺丸・紫雲丸事件、新幹線、サンシャインシティ
恩師
人脈谷口千吉(四中)、佐藤栄作、大平正芳 、伊藤正義、愛知揆一
備考歌舞伎・清元
いそざき さとし
磯崎叡
生誕1912年8月16日
日本の旗東京府東京市本郷区丸山町(現:東京都文京区千石
死没 (1997-06-19) 1997年6月19日(84歳没)
国籍日本の旗 日本
職業日本国有鉄道総裁

磯崎 叡(いそざき さとし、1912年8月16日 - 1997年6月19日[1])は日本鉄道官僚、第6代日本国有鉄道(国鉄)総裁(在任1969年-1973年)。永井岩之丞の孫。

作家・三島由紀夫の父・平岡梓いとこにあたる。

磯崎と親交があった作家の阿川弘之より命名されたニックネームは「ダッコちゃん」[2]

  1. ^ 交通新聞 (交通新聞社): p. 3. (1997年6月23日) 
  2. ^ 阿川の著書『乗りもの紳士録』の記事で確認できる。
[ 前のページに戻る ]