石坂泰三 いしざか たいぞう

金融

掲載時肩書東芝社長・経団連会長
掲載期間1957/01/01〜1957/01/11
出身地東京都牛込
生年月日1886/06/03
掲載回数11 回
執筆時年齢71 歳
最終学歴
東京大学
学歴その他一中.一高
入社逓信省
配偶者
主な仕事第一生命、東芝、経団連会長、日本工業倶楽部理事長、万博会長
恩師矢野恒太
人脈岡野敬次郎(東大師)高杉晋一 重光、正力、五島、河合、芦田均、吉田茂
備考
「財界総理」と呼ばれた元経団連会長石坂泰三

石坂 泰三(いしざか たいぞう、1886年明治19年)6月3日 - 1975年昭和50年)3月6日)は、日本財界人、経営者逓信省を退官、第一生命保険に入社。第一生命保険、東京芝浦電気(現・東芝)社長を経て、第2代経済団体連合会経団連)会長(在任、1956年(昭和31年)2月21日1968年(昭和43年)5月24日)。経団連会長を4期、12年務めた。経団連会長の異名 「財界総理」は石坂泰三を嚆矢とする。正三位勲一等

[ 前のページに戻る ]