石原信雄 いしはら のぶお

政治

掲載時肩書元内閣官房副長官
掲載期間2019/06/01〜2019/06/30
出身地群馬県
生年月日1926/11/24
掲載回数29 回
執筆時年齢93 歳
最終学歴
東京大学
学歴その他第二高等学校
入社自治省
配偶者
主な仕事地方自治制度案、自治医大、次官、官房副長官、消費税、崩御、リクルート、7,3年間7人の首相、阪神大震災
恩師
人脈高木文雄、奥野誠亮、福田赳夫、山口光秀、鈴木俊一、小沢一郎、中曽根、後藤田、竹下、小渕、宮沢、細川、羽田、海部、宇野、村山
備考
論評

事務系の官房副長官でこの「履歴書」で登場したのは、2015年3月登場の古川貞二郎氏に次いで二人目である。石原氏は7代の内閣(竹下、宇野、海部、宮沢、細川、羽田、村山)に仕え、7年3ヶ月に及んだ。(なお、古川氏は5代の内閣(村山、橋本、小渕、森、小泉)に仕え、在任期間は8年7ヶ月の歴代最長)。石原氏の在任期間は、自民党の戦後55年体制が崩れ、8党派の非自民連立政権が誕生した混乱期だったが、官僚機構の取り纏め役として手腕を発揮した。その手腕は能力と人徳によるが、人脈で出身県の群馬(福田、中曽根、小渕ら首相)、東大(愛知揆一、高木文雄ら)、自治省(後藤田、奥野誠亮、鈴木俊一ら)、出向県茨城(友末知事)、鹿児島(山中貞則)、岡山(橋本龍太郎、竹下登)を最大活用した印象だった。
今回の記述で認識を新たにしたのは次の5つ。
1.自治省と大蔵省との関係:お互い地方財源を巡って対立する関係にあるが、同時に大蔵省は国の財政、自治省は地方の財政にそれぞれ責任がある。議論は議論として、最後はお互いの立場を理解しあう形で仕事を行った。
2.自治省の次官人事:自治省の次官は財政局と行政局のたすき掛けだ。この2つの局は肌合いが異なる。行政局は組織や権限にこだわり地方分権といった原理原則を重視する。財政局は行政サービスを維持するため地方財源をいかに確保するかという実質を第一に考える。
3.米国の介入度合:ブッシュ大統領(父親)は日米通商交渉(牛肉・オレンジ等)や湾岸戦争の資金協力で次々と追加負担を求める「ブッシュホン」で、クリントン大統領からは北朝鮮危機に対する米軍支援を細川政権に強硬に求められていた。想像以上の介入だった。
4.村山内閣の功績:自民党が対極にある社会党左派と組んだ村山内閣では、対立していた懸案の処理が一気に進んだ。①安保条約の堅持、②自衛隊合憲と基本政策の転換、③消費税5%に引き上げる法律で、導入時の減税先行分を補えるようになった、などである。
5.政と官の関係:氏が最も訴求したかったのはこの関係だった。初日と最終日に詳しく書いている。平成の後半から官邸が各省庁の人事権を握り、官邸一極集中の政治主導が強まっている。政治家は選挙を

石原 信雄(いしはら のぶお、1926年11月24日 - )は、日本官僚。元内閣官房副長官(在任 1987年 - 1995年)。勲一等。財務官僚で元内閣府審議官石原一彦は長男。

[ 前のページに戻る ]