石井好子 いしい よしこ

芸術

掲載時肩書歌手
掲載期間1991/06/01〜1991/06/30
出身地東京都
生年月日1922/08/04
掲載回数29 回
執筆時年齢69 歳
最終学歴
東京音楽大学
学歴その他第6高女
入社高等女先生
配偶者日向正三
主な仕事夫のバンドでジャズ、米仏留学、オムレツ本、再婚(土居通夫・読売政治記者・仲人:佐藤栄作)、音楽事務所、
恩師長門美保
人脈久原房之助嫁(鮎川義介妹、砂原美智子、姉ピアニスト、藤田嗣治、高英男、中原淳一(師)、岸洋子、加藤登紀子、
備考母・久原 房之助娘
美女と才女
石井好子
石井 好子
Ishii Yoshiko.jpg
婦人之友社『婦人之友』第54巻第9号(1960)より
基本情報
出生名 石井 好子
(いしい よしこ)
生誕 1922年8月4日
出身地 日本の旗 日本東京都
死没 (2010-07-17) 2010年7月17日(87歳没)
職業 シャンソン歌手
エッセイスト
実業家
活動期間 1952年 - 2010年

石井 好子(いしい よしこ、1922年8月4日 - 2010年7月17日)は、日本シャンソン歌手エッセイスト、実業家(芸能プロモーター)。日本シャンソン界の草分けであり、半世紀以上に亘り牽引し続けた業界の代表・中心人物として知られている。日本シャンソン協会初代会長。東京都出身。東京府立第六高等女学校(現・東京都立三田高等学校)卒業[1]東京音楽学校声楽専科卒業[2]


  1. ^ 東京都立三田高等学校の紹介。石井が同校の卒業生である旨を記載。”. 東京都立三田高等学校. 2017年7月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年7月16日閲覧。
  2. ^ 石井好子さんが死去 シャンソン歌手の第一人者”. 日本経済新聞 (2010年7月21日). 2017年7月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年7月16日閲覧。
[ 前のページに戻る ]