益谷秀次 ますたに しゅうじ

政治

掲載時肩書副総理
掲載期間1960/02/10〜1960/03/08
出身地石川県
生年月日1888/01/17
掲載回数27 回
執筆時年齢72 歳
最終学歴
京都大学
学歴その他東京外語大
入社裁判所
配偶者見合い
主な仕事鹿児島、浦和、議員、2.26事件、鳩山派、野党連合で衆院議長、
恩師
人脈永井柳太郎、清瀬一郎、桜内幸雄、
備考
益谷 秀次
ますたに しゅうじ
生年月日 (1888-01-17) 1888年1月17日
出生地 日本の旗 日本 石川県鳳至郡宇出津町(現・鳳珠郡能登町
没年月日 (1973-08-18) 1973年8月18日(85歳没)
出身校 京都帝国大学法科大学卒業
前職 浦和地方裁判所判事
弁護士
所属政党立憲政友会→)
政友本党→)
(立憲政友会→)
(無所属→)
日本自由党→)
民主自由党→)
自由党→)
自由民主党
称号 勲一等旭日大綬章従二位

内閣 第2次岸改造内閣
在任期間 1959年6月18日 - 1960年7月19日

内閣 第2次岸改造内閣
在任期間 1959年6月18日 - 1960年7月19日

日本の旗 第46代 衆議院議長
在任期間 1955年3月18日 - 1958年4月25日
天皇 昭和天皇

日本の旗 第2-3代 建設大臣
内閣 第2次吉田内閣
第3次吉田内閣
在任期間 1948年10月19日 - 1950年5月6日

選挙区石川県第5区→)
(石川県第2区→)
石川県全県区→)
石川県第2区
当選回数 14回
在任期間 1920年5月10日 - 1924年1月31日
1932年2月20日 - 1937年3月21日
1946年4月10日 - 1972年11月13日
テンプレートを表示
益谷秀次先生顕彰碑(石川県珠洲市道の駅すずなり

益谷 秀次(ますたに しゅうじ、1888年1月17日 - 1973年8月18日)は、日本政治家

衆議院議員(14期)、衆議院議長(第46代)、副総理建設大臣行政管理庁長官などを歴任した。

[ 前のページに戻る ]