田代茂樹 たしろ しげき

繊維

掲載時肩書東レ名誉会長
掲載期間1972/06/30〜1972/07/27
出身地福岡県北九州
生年月日1890/12/05
掲載回数28 回
執筆時年齢82 歳
最終学歴
九州工業大学
学歴その他
入社三井物産
配偶者
主な仕事門司支店採用、紐育、倫敦、東洋レーヨン、日本化学繊維協会長、療養3年
恩師松本健次郎
人脈金子堅次郎(兄事)安川第五郎、西尾末広、津島寿一、ドラッガー、デミング
備考

田代 茂樹(たしろ しげき、1890年(明治23年)12月5日 - 1981年(昭和56年)8月8日)は、東洋レーヨン元社長、元会長、元名誉会長、日本化学繊維協会元会長、日本腎臓財団初代会長、福岡県人会第三代会長、明治専門学校第一期生。

福岡県北九州市出身。旧制東筑中学(現在の福岡県立東筑高等学校)、明治専門学校(現在の九州工業大学)機械工学科を卒業後、三井物産に入社、24年間の勤続後、1936年東洋レーヨン(現在の東レ)に取締役として就任し、社長、会長、名誉会長を歴任した。1959年(昭和34年)日本インダストリアル・エンジニアリング協会初代会長に就任[1]1960年に(財)東洋レーヨン科学振興会を設立した。1972年日本経済新聞の名物コラム『私の履歴書』に東レの名誉会長として取り上げられた。

  1. ^ 歴史日本インダストリアル・エンジニアリング協会
[ 前のページに戻る ]