田中耕太郎 たなか こうたろう

行政・司法

掲載時肩書前最高裁長官
掲載期間1961/01/01〜1961/01/31
出身地鹿児島県
生年月日1890/10/25
掲載回数31 回
執筆時年齢71 歳
最終学歴
東京大学
学歴その他一高
入社内務省
配偶者松本烝治 娘
主な仕事法哲学、吉田・文相、最高裁長官、 国際司法判事、
恩師山田三良
人脈永野護、新渡戸校長、南原繁、 内村鑑三(我孫子:白樺同人)
備考クリスチャン 新教→旧教
田中 耕太郎
たなか こうたろう
Kotaro Tanaka.jpg
田中耕太郎(1961年)
生年月日 (1890-10-25) 1890年10月25日
出生地 日本の旗 鹿児島県鹿児島市
没年月日 (1974-03-01) 1974年3月1日(83歳没)
死没地 日本の旗 東京都
出身校 東京帝国大学法科大学
所属政党 緑風会
称号 正二位大勲位法学博士
配偶者 田中峰子

内閣 第1次吉田内閣
在任期間 1946年5月22日 - 1947年1月31日

在任期間 1946年6月8日 - 1947年5月2日

選挙区 全国区選出
在任期間 1947年5月3日 - 1950年3月1日

在任期間 1950年3月3日 - 1960年10月24日
天皇 昭和天皇
テンプレートを表示

田中 耕太郎(たなか こうたろう、1890年明治23年)10月25日 - 1974年昭和49年)3月1日)は、日本法学者法哲学者。法学博士東京帝国大学大学法学部長、第1次吉田内閣文部大臣、第2代最高裁判所長官国際司法裁判所判事日本学士院会員。日本法哲学会初代会長。文化勲章勲一等旭日桐花大綬章を受章。大勲位菊花大綬章を没後叙勲[1]正二位を追贈された。

  1. ^ 日本国憲法施行後、皇族内閣総理大臣経験者を除き、唯一の大勲位菊花大綬章受章者である。また、生前に勲一等旭日桐花大綬章文化勲章を受章したのは、田中と横田喜三郎のみである。なお、栄典制度改革後は井深大が生前に文化勲章、没後に勲一等旭日桐花大綬章を受けている。
[ 前のページに戻る ]