田中絹代 たなか きぬよ

映画演劇

掲載時肩書女優
掲載期間1975/03/05〜1975/03/31
出身地山口県
生年月日1909/12/29
掲載回数27 回
執筆時年齢66 歳
最終学歴
小学校
学歴その他
入社琵琶歌劇団
配偶者
主な仕事松竹蒲田、トーキー、渡米第1号、舞台劇、女流監督第1号(5本)、
恩師・恩人溝口健二 (反射しろ)
人脈長谷川一夫(1歳上・共演多)、上原謙 、成瀬巳喜男(無口)
備考慶應応援
美女と才女
田中絹代
たなか きぬよ
田中 絹代
田中 絹代
人生のお荷物』(1935年)
本名 田中 絹代
別名義 田中 錦華(たなか きんか)
生年月日 (1909-11-29) 1909年11月29日
没年月日 (1977-03-21) 1977年3月21日(67歳没)
出生地 日本の旗 日本山口県下関市関後地村(現在の同県同市丸山町)[1]
死没地 日本の旗 日本東京都文京区本郷
身長 152cm[注釈 1]
職業 女優映画監督
ジャンル 歌劇劇映画時代劇現代劇サイレント映画トーキー)、テレビドラマ
活動期間 1919年 - 1977年
活動内容 1920年:琵琶少女歌劇に入団
1924年松竹下加茂撮影所に入社
1925年松竹蒲田撮影所に移籍
1949年:日米親善使節として渡米、松竹を退社
1953年:『恋文』で初監督
1966年テレビドラマに初出演
1977年:死去
配偶者 なし
主な作品
出演のみ
愛染かつら[1]
女優須磨子の恋
西鶴一代女[1]
雨月物語』(1953年)
安宅家の人々
異母兄弟
楢山節考
おとうと
サンダカン八番娼館 望郷
監督兼出演
月は上りぬ』(1955年)
 
受賞
ベルリン国際映画祭
銀熊賞(女優賞)
1975年サンダカン八番娼館 望郷
その他の賞
キネマ旬報賞
女優賞
1958年楢山節考
1974年『サンダカン八番娼館 望郷』
毎日映画コンクール
女優演技賞/主演女優賞
1947年結婚』『不死鳥』『女優須磨子の恋
1948年夜の女たち』『風の中の牝雞
1974年『サンダカン八番娼館 望郷』『三婆』『おれの行く道』
女優助演賞
1957年『女体は哀しく』『地上』『異母兄弟
1960年おとうと
備考
勲三等瑞宝章(1977年)
紫綬褒章(1970年)
芸術選奨文部大臣賞(1974年)
テンプレートを表示

田中 絹代(たなか きぬよ、1909年11月29日 - 1977年3月21日[1])は、日本女優映画監督。本名同じ。旧芸名は田中 錦華(たなか きんか)。

黎明期から日本映画界を支えた大スターであり、日本映画史を代表する大女優の一人。14歳で松竹に入社し、清純派スターとして人気を得て、松竹の看板女優となった。 戦後は年齢を経るに従って演技派として成長し[3]、脇役を演じることが多くなるも円熟した演技を見せ、晩年は『サンダカン八番娼館 望郷』の演技でベルリン国際映画祭銀熊賞(最優秀主演女優賞)を受賞した。主な作品に『マダムと女房』『愛染かつら』『西鶴一代女』『雨月物語』『煙突の見える場所』『楢山節考』『おとうと』など。また、映画監督としても6本の作品を残している。

  1. ^ a b c d 引用エラー: 無効な <ref> タグです。「prf」という名前の注釈に対するテキストが指定されていません
  2. ^ 引用エラー: 無効な <ref> タグです。「週刊現代20211113」という名前の注釈に対するテキストが指定されていません
  3. ^ 引用エラー: 無効な <ref> タグです。「新撰」という名前の注釈に対するテキストが指定されていません


引用エラー: 「注釈」という名前のグループの <ref> タグがありますが、対応する <references group="注釈"/> タグが見つかりません

[ 前のページに戻る ]