猪谷千春 いがや ちはる

スポーツ

掲載時肩書国際オリンピック委員
掲載期間1995/03/01〜1995/03/31
出身地北海道国後
生年月日1931/05/20
掲載回数
執筆時年齢64 歳
最終学歴
米国ダートマス大学
学歴その他小学校4回転校
入社AIU保険
配偶者恒文 社長娘
主な仕事オスロ(高)、コルティナ2位(大24歳) 、スコォバレー(28歳)、45歳日本社長、IOC委員、
恩師田島一男・ スターAIU創設
人脈竹田恒徳(IOC)、長野五輪、トライすロン 、引越30回、
備考父群馬・ スキー
猪谷 千春
Chiharu Igaya.jpg
猪谷千春(1956年)
名前
カタカナ イガヤ チハル
ラテン文字 IGAYA, Chiharu
基本情報
国籍 日本の旗 日本
種目 アルペンスキー
生年月日 (1931-05-20) 1931年5月20日(89歳)
生誕地 北海道国後島
 
獲得メダル
アルペンスキー
日本の旗 日本
オリンピック
1956 コルチナ・ダンペッツォ男子回転
世界選手権
1958 バート・ガスタイン男子回転

猪谷 千春(いがや ちはる、1931年5月20日 - )は、日本アルペンスキー選手、実業家。日本人初の冬季オリンピックメダリスト(2018年3月時点、日本人唯一の冬季オリンピックアルペンスキーメダリスト)。引退後はAIU保険会社で実業家として活躍しつつ、国際オリンピック委員会(IOC)副会長など、オリンピック・スポーツ関連団体での要職を歴任した。いつも黒いウェアで競技をしていたことから「ブラック・キャット」とも呼ばれていた[1]

  1. ^ 三上孝道『これだけは知っておきたい(11) オリンピックの大常識』株式会社ポプラ社、2004年、102ページ、ISBN 4-591-08135-4
[ 前のページに戻る ]