牛尾治朗 うしお じろう

電機

掲載時肩書ウシオ電機会長
掲載期間1999/10/01〜1999/10/31
出身地兵庫県
生年月日1931/02/12
掲載回数30 回
執筆時年齢68 歳
最終学歴
東京大学
学歴その他三高
入社東京銀行
配偶者JALスチ ュアデス
主な仕事バークレー・私費留学、神戸銀、牛尾工業、ウシオ電機、音響、光源>光>システム、JC会頭、経済同友会
恩師・恩人青柳忍、市村清、松下幸之助
人脈瀬戸雄三、小松左京、岡崎久彦、盛田昭夫、石川六郎、江藤淳、島田正吾、浅利慶太、黒川紀章、土光敏夫、竹村健一、稲盛和夫、飯田亮
備考祖父・父・私と3代師:安岡正篤、親(財産家)の七光りあり
論評

1931年2月12日 – )は兵庫県生まれ。実業家。ウシオ電機株式会社の設立者である。同社名誉相談役、取締役相談役、経済同友会特別顧問(終身幹事)、公益財団法人日本生産性本部会長(2003年から2014年)、名誉会長(2014年から2020年)などを務めた。1995年4月に経済同友会代表幹事に就任、1999年4月からは特別顧問(終身幹事)に就いている。1996年2月には日本ベンチャーキャピタル株式会社を設立し、取締役会長に就任(2002年6月に名誉会長に退く)。2001年には経済財政諮問会議議員、日本郵政・社外取締役に就任。また、旧・第二電電がケイディディ(KDD)・日本移動通信(IDO)と合併して出来た旧・ディーディーアイ(現・KDDI)が成立する前後に会長を務めている。

1.七ひかりで趣味を拡げる
三高からの演劇の趣味もますます高じていった。母・美津子はとても演劇好き。新国劇の島田正吾さんや辰巳柳太郎さんも家に遊びに来る。文学座の杉村春子さんや中村伸郎さん、民芸の細川ちか子さん、宇野重吉さんらも、よく我が家に出入りしていた。公職追放後の父は、こんな集いを楽しみにしていた。
 なかでも新国劇の島田さんが、京都・南座で上演中は、鴨川べりにある定宿に私も泊まりに行った。静かに酒を飲む島田さんにはいろいろと教えられた。京都の頃に覚えた生活は、東大時代に磨きがかかった。有楽座や明治座の公演が終わると、「夜、来ませんか」と電話をよくいただいた。いくつもの店を紹介していただき、すっかり雰囲気が気に入って、時折り一人で飲みに行った。
 島田さんには小唄も勧められた。画家の木村荘八さんが中野区鍋屋横丁のお宅で毎週、田村流の先生を呼んで開いていた小唄のけいこにも参加した。島田さんや辰巳さんの奥さんと一緒に、月2回ならった。

2.発足時の経営方針
昭和38年発足のウシオ電機は、社員の平均年齢が23歳余りの若い会社だった。18歳の女性に目線を置いて、会社の方向と成果と役割を明確にし、留学で学んだ米国流の民主主義を企業経営に持ち込んだ。
 紫から赤までの七色の虹を作る光を可視光線というが、この分野に関しては限りなく太陽に近い光を追求する。従来、光は明るさのために使われるものがほとんどだった。これからは光化学反応やエネルギーとして使用される市場をにらんで、赤より外、紫より外にある赤外線、紫外線を光の大きなテーマにすることに決めた。
 この3分野の光源を作る。その光源にレンズやミラー、設計を加えて、光にする。それをさらに繰り広げて、光のシステムにする。光源から光へ、そして光のシステムへと多重構造の経営戦略を説明した。この専門技術の深耕と特殊化するマーケットを組み合わせて、「日本の中堅企業」から「日本の大企業」になるのではなく、「世界の中堅企業」を目指すことを力説し、邁進した。その結果、昭和45年(1970)5月に会社設立7年目で東京証券取引所二部に上場することができた。

3.松下新党構想の裏話
昭和54年(1979)に私が都知事候補のころ、松下幸之助さんとお会いするようになった。「自習自得して、志を持つ政治家を育てたい」との考えで、「松下政経塾の設立に手伝って欲しい」と言われ、引き受けた。
 卒塾者から、もう16人の国会議員が出ている。松下さんには先見の明があった。「こちらから伺います」と羽田空港の松下さんから電話があって、田園調布の我が家まで足を運んでこられた。「政経塾の成長を待っていては、日本は間に合いません」。松下新党構想だった。私は「無税国家論や国土創生論は十分、新党の政策たり得ます。でも安全保障や外交政策がありません。もうしばらく政策作りをした方がいいと思います」と述べた。
 やがて、「世界を考える京都座会」が発足した。毎月1回、京都に集まり、松下さんの司会のもとに12人のメンバーで議論を重ねた。テーマは安全保障、外交政策から国家経営まで多様だった。松下さん、山本七平さん、天谷直弘さん、高坂正尭さんは亡くなられたが、この会は東京で今もPHP研究所副社長の江口克彦さんが軸となって残った8人で続いている。

うしお じろう
牛尾 治朗
生誕 (1931-02-12) 1931年2月12日(91歳)
日本の旗 兵庫県姫路市
国籍日本の旗 日本
出身校東京大学法学部卒業
職業ウシオ電機名誉相談役
子供牛尾志朗
牛尾健治
親戚牛尾梅吉祖父

牛尾 治朗(うしお じろう、1931年2月12日[1] - )は、日本実業家ウシオ電機株式会社の設立者である[1]。同社 名誉相談役、取締役相談役、経済同友会特別顧問(終身幹事)[1]、公益財団法人日本生産性本部会長(2003年から2014年)[2]名誉会長(2014年から2020年)[2]などを務めた。

平成8年度第22回経済界大賞受賞[1]。平成10年財界大賞受賞[1]

  1. ^ a b c d e 『現代人名録2002』第1巻 p1056
  2. ^ a b 日本生産性本部の次期会長に茂木氏 6月交代、牛尾会長は退任 2014.3.18 16:58更新 産経新聞
[ 前のページに戻る ]