瀬戸雄三 せと ゆうぞう

食品

掲載時肩書アサヒビール元会長
掲載期間2011/05/01〜2011/05/31
出身地兵庫県
生年月日1930/02/25
掲載回数
執筆時年齢81 歳
最終学歴
慶應大学
学歴その他慶應予科
入社アサヒビール
配偶者KC娘
主な仕事神戸ー東京ー大阪、キャバ攻略、反骨心、本社ー大阪、ビールtop、オリオン、青島B、ロッテ、
恩師村井勉、
人脈牛尾治朗(1下)、樋口廣太郎、鈴木修、 長崎造船、トヨタ、宮崎輝、
備考
追悼

氏は、’13年5月13日83歳で亡くなった。氏は2011年5月に登場した。スーパードライでキリンビールの牙城に風穴を開けた樋口廣太郎社長の後任である。樋口氏は住友銀行出身の社長でしたが、瀬戸氏はプロパーで営業出身の社長でした。

92年に社長就任し、6年後の98年には45年ぶりにビールのシエアを業界首位に引き上げた実績を持つ。「履歴書」では、実績のない大阪のキャバレーに照準を定め、店内改装の資金ぐりを支援することで年4万3000箱の顧客獲得に成功する。これをきっかけに支店内も活気づき、次々と営業成績向上していく話が特に印象深かった。

瀬戸雄三
生誕1930年[1][2]2月[3]25日[4]
兵庫県神戸市[1][2]
死没 (2013-05-13) 2013年5月13日(83歳没)
職業旭化成株式会社社外取締役[5]慶應義塾評議員・理事。

瀬戸 雄三 (せと ゆうぞう、1930年[1][2]2月[3]25日[4] - 2013年5月13日) は日本の実業家アサヒビール株式会社の社長時代にアサヒビールを業界ナンバーワンに導いた[6]2009年11月現在、旭化成社外取締役[5]慶應義塾評議員・理事。

  1. ^ a b c 永井隆「第3章 一人の人間ができることには限界がある」『ビール15年戦争 すべてはドライから始まった』日本経済新聞社〈日経ビジネス人文庫〉、2002年8月1日、第1刷、114ページ。ISBN 4-532-19139-4
  2. ^ a b c 言論ブログ 瀬戸雄三” (初出年不明). 2008年10月3日閲覧。
  3. ^ a b 石山順也「終章 「攻めの経営」から「バランス経営」へ」『アサヒビールの奇跡 ここまで企業は変われる』講談社〈講談社+α文庫〉、2000年11月21日、第5刷、330ページ。ISBN 4-06-256375-4
  4. ^ a b 引用エラー: 無効な <ref> タグです。「fujisawa1999p188」という名前の注釈に対するテキストが指定されていません
  5. ^ a b 社外取締役 瀬戸 雄三 / 会社案内 - 旭化成” (初出年不明). 2009年11月17日閲覧。
  6. ^ 西村晃「第二章 徹底検証・なぜアサヒは再び昇ったのか〜どん底時代を乗り越えて〜」『アサヒビールの経営戦略』たちばな出版、1999年12月22日、初版第2刷、50ページ。ISBN 4-8133-1169-5
[ 前のページに戻る ]