渡邉恒雄 わたなべ つねお

ジャーナリスト

掲載時肩書読売新聞主筆
掲載期間2006/12/01〜2006/12/31
出身地東京都
生年月日1926/05/30
掲載回数
執筆時年齢80 歳
最終学歴
東京大学
学歴その他東京高
入社読売新聞
配偶者28プロ ポーズ
主な仕事週刊新聞、政治部、鳩山番、大野伴睦、 中曽根、ワシントン、憲法調査会
恩師務台光雄 社長
人脈氏家斉一郎(大)羽仁五郎、猪木正道、 森本哲郎、堤清二、猪川猪佐武
備考宇都宮徳馬 仲人
渡邉 恒雄
生誕 (1926-05-30) 1926年5月30日(94歳)
日本の旗 日本 東京府豊多摩郡
(現:東京都杉並区
教育東京大学文学部哲学科
職業読売新聞グループ本社主筆
活動期間1950年 -

渡邉 恒雄(わたなべ つねお、1926年大正15年〉5月30日 -)とは、日本新聞記者実業家株式会社読売新聞グループ本社代表取締役主筆勲等旭日大綬章。「ナベツネ」の通称で知られる[1]

株式会社読売新聞社社長、球団オーナー、株式会社読売ジャイアンツ取締役最高顧問、社団法人日本新聞協会会長などを歴任した。

日本プロ野球界に関連する彼の伝説は数知れず[2]、自ら「俺は最後の独裁者だ」と語ったとされ[3]マスメディアにおいて「球界の独裁者」または単に「独裁者」と呼ばれていることについては、渡邉自身が認めている。他に「メディア界のドン」「政界フィクサー」とも呼ばれる(詳細は後述[4]

  1. ^ 総額100億円 田中将大ヤンキース入団橋渡しにゴジラ松井リアルライブ - (週刊実話 2014年1月17日 15時01分)
  2. ^ 江尻良文『渡邉恒雄とプロ野球』株式会社双葉社、2014年、5ページ、ISBN 978-4-575-30647-7
  3. ^ 2011年11月25日、清武英利による記者会見において
  4. ^ 朝日新聞『独裁者と呼ばれて』(渡邉に対するインタビュー記事) 2011年11月28日
[ 前のページに戻る ]