清岡卓行 きよおか たくゆき

文芸

掲載時肩書詩人・作家
掲載期間1999/02/01〜1999/02/28
出身地中国大連
生年月日1922/06/29
掲載回数
執筆時年齢77 歳
最終学歴
東京大学
学歴その他一高
入社忠学校教師
配偶者近所娘
主な仕事自殺X(妻)、ランボーの詩、日本野球連盟、プロ野球改革、詩集、芥川賞
恩師
人脈三重野康、吉行淳之介、村松剛、遠藤周作
備考再婚:KG23歳

清岡 卓行(きよおか たかゆき、1922年大正11年)6月29日 - 2006年平成18年)6月3日)は、日本詩人小説家法政大学名誉教授

関東州大連生れ。東京大学文学部仏文科で渡辺一夫に師事した。 また、長らく、法政大学教授として新入生などにフランス語の基礎を、 さらに、萩原朔太郎作品などをテキストに、人文特別講義を担当し、学部や専攻にかかわらず多くの学生を指導した。1996年に日本芸術院会員。

妻は作家岩阪恵子(いわさか けいこ、本名 清岡惠子)。前妻の息子清岡智比古は、フランス語学者で明治大学理工学部教授。創作活動も行っている。

[ 前のページに戻る ]