浅沼稲次郎 あさぬま いねじろう

政治

掲載時肩書社会党書記長
掲載期間1956/04/24〜1956/05/02
出身地東京都
生年月日1898/12/27
掲載回数9 回
執筆時年齢58 歳
最終学歴
早稲田大学
学歴その他
入社
配偶者
主な仕事社会主義(留置)、検束回数レコード 日本大衆党→日本社会党
恩師
人脈片山哲(弁護)、河上丈太郎、 松本治一郎、西尾末広
備考三宅島出身
浅沼 稲次郎
あさぬま いねじろう
Inejirō Asanuma 1955.jpg
社会党書記長当時(1955年)
生年月日 1898年12月27日
出生地 日本の旗 日本 東京府神着村
(現東京都三宅村)
没年月日 (1960-10-12) 1960年10月12日(61歳没)
死没地 日本の旗 日本 東京都千代田区日比谷公会堂
出身校 早稲田大学
前職 関東木材労組・東京自由労組・東京製糖労組組合長
所属政党農民労働党→)
日本労農党→)
社会大衆党→)
無所属→)
日本社会党→)
右派社会党→)
日本社会党
配偶者 妻・浅沼享子

選挙区 (東京都第4選挙区→)
(東京都第3選挙区→)
(東京第1選挙区→)
旧東京1区
当選回数 9回
在任期間 1936年2月21日 - 1942年4月30日
1946年4月11日 - 1960年10月12日

東京都の旗 第3代 東京都議会副議長
在任期間 1945年10月 - 1946年4月

選挙区 深川区選挙区
当選回数 1回
在任期間 1943年9月13日 - 1946年4月10日


在任期間 1960年3月23日 - 1960年10月12日

その他の職歴
初代 農民労働党書記長
1925年12月1日 - 12月1日(3時間))
テンプレートを表示

浅沼 稲次郎(あさぬま いねじろう、旧字体淺沼 稻次郞1898年(明治31年)12月27日 - 1960年(昭和35年)10月12日)は日本政治家東京府神着村(現在の東京都三宅村)出身。日本社会党書記長、委員長を歴任。巨体と大きな声で全国を精力的に遊説する姿から、「演説百姓[注釈 1][1][2]」「人間機関車」の異名を取り、また「ヌマさん」の愛称で親しまれた[3]。しかし日比谷公会堂において1960年10月12日に行なわれた3党首立会演説会の演説中に反共主義者山口二矢(17歳)に刺され死亡している(浅沼稲次郎暗殺事件)。
引用エラー: 「注釈」という名前のグループの <ref> タグがありますが、対応する <references group="注釈"/> タグが見つかりません

  1. ^ 浅沼稲次郎『私の履歴書』:新字新仮名 - 青空文庫
  2. ^ 田所輝明『無産党十字街』先進社、1932年、 p. 69.
  3. ^ 上田正昭、津田秀夫、永原慶二、藤井松一、藤原彰、『コンサイス日本人名辞典 第5版』、株式会社三省堂、2009年 24頁。
[ 前のページに戻る ]