江戸川乱歩 えどがわ らんぽ

文芸

掲載時肩書探偵作家
掲載期間1956/05/03〜1956/05/10
出身地三重県
生年月日1894/10/21
掲載回数8 回
執筆時年齢62 歳
最終学歴
早稲田大学
学歴その他早稲田予科
入社南洋貿易 商社
配偶者
主な仕事職業20種、転居40回、休筆17年、 随筆探偵小説、江戸川乱歩賞
恩師
人脈ポー、谷崎潤一郎、ドストエフスキー(感銘)
備考
江戸川 乱歩えどがわ らんぽ
Rampo Edogawa 02.jpg
1954年
誕生 平井 太郎(ひらい たろう)
1894年10月21日
日本の旗 日本 三重県名賀郡名張町(現・名張市
死没 (1965-07-28) 1965年7月28日(70歳没)
日本の旗 日本 東京都豊島区池袋
職業 小説家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 早稲田大学大学部政治経済学科卒業
活動期間 1923年 - 1965年
主題 推理小説
代表作D坂の殺人事件』(1925年)
陰獣』(1928年)
孤島の鬼』(1930年)
黒蜥蜴』(1934年)
怪人二十面相』(1936年)
幻影城』(1951年、評論)
探偵小説四十年』(1961年、自伝)
デビュー作二銭銅貨』(1923年)
子供 平井隆太郎
親族 平井蒼太 (次弟)
平井憲太郎(孫)
松村喜雄(従妹の息子)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示
江戸川乱歩の銅像(近鉄名張駅前)

江戸川 乱歩(えどがわ らんぽ、旧字体:江戶川 亂步1894年明治27年〉10月21日 - 1965年昭和40年〉7月28日)は、日本小説家推理作家。本名は平井 太郎(ひらい たろう)。日本推理作家協会初代理事長位階正五位勲等勲三等

大正から昭和期にかけて活躍し、主に推理小説を得意とした。また、戦後は推理小説専門の評論家としても健筆を揮った。実際に探偵として、岩井三郎探偵事務所(ミリオン資料サービス)に勤務していた経歴を持つ。

ペンネーム(江戸川乱歩)は小説家の、エドガー・アラン・ポーに由来する[1][※ 1]

  1. ^ 江戸川乱歩 (上) [なにわ人物伝 -光彩を放つ-]”. 大阪日日新聞. 2011年12月28日閲覧。
  2. ^ Yomiuri On-Line/社会 - 乱歩の名作「二銭銅貨」、最初期の草稿見つかる”. 読売新聞社. 2001年12月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年7月10日閲覧。


引用エラー: 「※」という名前のグループの <ref> タグがありますが、対応する <references group="※"/> タグが見つかりません

[ 前のページに戻る ]