江上波夫 えがみ なみお

学術

掲載時肩書考古学・東洋史学者
掲載期間1994/07/01〜1994/07/31
出身地山口県
生年月日1906/11/06
掲載回数
執筆時年齢88 歳
最終学歴
東京大学
学歴その他浦和高
入社東方文化院
配偶者
主な仕事震災(興津洞窟)、北京、内蒙古、民族 研究所、北方騎馬民族説、イラン・イラク、タイ発掘、
恩師
人脈吉川幸次郎、水野清一、三笠宮、中根千枝、井上靖、平山郁夫、
備考ジンギス カン陵墓

Camera-photo Upload.svg画像提供依頼:顔写真の画像提供をお願いします。2021年1月
江上 波夫
人物情報
生誕 (1906-11-06) 1906年11月6日
日本の旗 日本山口県
死没 2002年11月11日(2002-11-11)(96歳)
出身校 東京帝国大学文学部
学問
研究分野 考古学
研究機関 東京大学東洋文化研究所
テンプレートを表示

江上 波夫(えがみ なみお、1906年11月6日 - 2002年11月11日)は、日本の考古学者。東京大学名誉教授。

山口県生まれ。1948年に「日本民族=文化の源流と日本国家の形成」と題するシンポジウムで騎馬民族征服王朝説などを発表。その要旨は、「日本における統一国家の出現と大和朝廷の創始が、東北アジア夫余系騎馬民族辰王朝によって、4世紀末ないし5世紀前半ごろに達成された」と推論している(『騎馬民族国家』江上波夫、中公新書)。

[ 前のページに戻る ]