永井龍男 ながい たつお

文芸

掲載時肩書作家
掲載期間1984/08/19〜1984/09/17
出身地東京都
生年月日1904/05/20
掲載回数30 回
執筆時年齢80 歳
最終学歴
小学校
学歴その他高等小 学校
入社米相場奉公
配偶者奥野悦子
主な仕事生活苦、「黒い御飯」、「山繭」、文藝春 秋、67回転宅、専務
恩師上島金太郎
人脈波多野完治(小林秀雄)、菊池寛・恩、 今日出海、池島信平、
備考
永井 龍男
(ながい たつお)
Nagai Tatsuo.JPG
1955年
誕生 1904年5月20日
東京市神田区猿楽町
死没 (1990-10-12) 1990年10月12日(86歳没)
神奈川県横浜市栄区桂町
墓地 済海寺
職業 小説家随筆家編集者
国籍 日本の旗 日本
活動期間 1920年 - 1990年
ジャンル 小説随筆俳句
代表作 『朝霧』(1949年)
『一個 その他』(1965年)
『青梅雨 その他』(1966年)
『石版東京図絵』(1967年)
『わが切抜帖より』(1968年)
『コチャバンバ行き』(1972年)
主な受賞歴 横光利一賞(1949年)
野間文芸賞(1965年)
日本芸術院賞(1966年)
読売文学賞(1969年・1973年)
菊池寛賞(1972年)
文化功労者(1973年)
川端康成文学賞(1975年)
文化勲章(1981年)
デビュー作 『活版屋の話』(1920年)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

永井 龍男(ながい たつお、1904年明治37年)5月20日 - 1990年平成2年)10月12日)は、日本の小説家随筆家編集者文化勲章受章者。俳名、東門居。

[ 前のページに戻る ]