水木しげる みずき しげる

文芸

掲載時肩書漫画家
掲載期間2003/08/01〜2003/08/31
出身地大阪府
生年月日1922/03/08
掲載回数30 回
執筆時年齢81 歳
最終学歴
武蔵野美術大学
学歴その他精華美術
入社石版印刷
配偶者見合
主な仕事ラバウル、左腕喪失、闇屋、鬼太郎、
恩師
人脈加太こうじ、長井勝一(ガロ)、白土三平 (カムイ伝)、手塚治虫(ライバル)
備考
追悼

氏は、’15年11月30日に93歳で亡くなった。「履歴書」に登場したのは81歳の2003年8月で、漫画家は「フクちゃん」の横山隆一氏(1971.12)「のらくろ」の田河水泡氏(1988.10)に次いで3番目であった。

武蔵野美術学校(現武蔵野美術大)を中退。太平洋戦争に召集され、ラバウル戦線で左腕を失う。生き延びて復員した後は、闇屋、配給の魚売り、輪タク(リヤカー付自転車のタクシー)の貸出しなどの職を転々とする。紙芝居の仕事に巡り合ってせっせと子供向けの絵を描き、廃れると貸本漫画に精を出した。

貸本漫画「ロケットマン」でデビューするが生活は苦しかった。しかし、週刊少年マガジン」で「墓場の鬼太郎」(アニメ化に伴い「ゲゲゲの鬼太郎」にタイトル変更)を連載し、一躍人気漫画家になった。妖怪退治をする正義の味方鬼太郎は妖怪ブームを巻き起こし、その後も何度かアニメ化された。氏はラバウルの戦場で「九死に一生を得たのは、大自然にいる、何か巨大なものに守られたからだと思った。それは神かもしれないし、精霊だったかもしれない」と述懐しており、霊的なものを強く感じていた。

1971年(昭和46年:49歳)にラバウル(パプアニューギニア・ニューブリテン島)に妻への慰労を兼ねて世界妖怪行脚の旅行に出かけた。仕事と暮らしに追われ、世間知も邪魔をして、子供のころの純粋な感受性が鈍っていたので妖怪感度の自信も失いかけていた。しかし「現地に行き、妖怪行脚を重ねるうち、妖怪たちはこの世から姿を消したのではなく、姿は見えないが、五感に響いてくる経験を何度もした。そのたび驚き、感動し、うれしくなって、自信が蘇ってきた」。こうして妖怪を収集して「妖怪千体説」を発表する。「妖怪は世界中に居て、その種類は無限のようにある」と言っている。

水木妖怪博士は、日本の民族社会で伝えられていた妖怪や江戸の浮世絵師たちが描いた妖怪に素材を求めながら、世界各地で集めた妖怪イメージを溶け込ましたものと思われる。今頃は冥途で仲良しの妖怪と再会を喜んでいるかもしれない.

水木 しげる
文化功労者選出に際して 公表された肖像写真
文化功労者選出に際して
公表された肖像写真
本名 武良 茂(むら しげる)
生誕 (1922-03-08) 1922年3月8日
死没 (2015-11-30) 2015年11月30日(93歳没)
日本の旗 日本東京都三鷹市
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
称号 紫綬褒章
旭日小綬章
文化功労者
東京都名誉都民
調布市名誉市民
活動期間 1958年 - 2015年
ジャンル 妖怪漫画戦争漫画
代表作ゲゲゲの鬼太郎
河童の三平
悪魔くん
総員玉砕せよ!
のんのんばあとオレ
日本妖怪大全
受賞 第6回講談社児童漫画賞(『テレビくん』)
第13回講談社漫画賞(『コミック昭和史』)
第25回日本漫画家協会賞文部大臣賞(『ゲゲゲの鬼太郎』)
第37回児童文化功労賞
第29回星雲賞アート部門
第7回手塚治虫文化賞特別賞
第5回織部賞グランプリ
第34回アングレーム国際漫画祭最優秀作品賞(『のんのんばあとオレ』)
2008年度朝日賞
第36回アングレーム国際漫画祭遺産賞(『総員玉砕せよ!』)
2012年度アイズナー賞最優秀アジア作品賞(『総員玉砕せよ!』)
2015年度アイズナー賞最優秀アジア作品賞(『コミック昭和史』)
公式サイト げげげ通信
テンプレートを表示

水木 しげる(みずき しげる、男性、1922年[注 1]3月8日 - 2015年11月30日[1])は、日本漫画家。本名は武良 茂(むら しげる)。

大阪府大阪市住吉区出生[2][3]鳥取県境港市入船町育ち[2][4]ペンネームは、紙芝居作家時代に兵庫県神戸市の水木通り沿いで経営していたアパート「水木荘」から名付けた[5]1958年に漫画家デビュー。代表作となる『ゲゲゲの鬼太郎』『河童の三平』『悪魔くん』などを発表し、妖怪漫画の第一人者となる。
引用エラー: 「注」という名前のグループの <ref> タグがありますが、対応する <references group="注"/> タグが見つかりません

  1. ^ “漫画家の水木しげるさん死去93歳 「ゲゲゲの鬼太郎」”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2015年11月30日). オリジナルの2015年11月30日時点におけるアーカイブ。. https://megalodon.jp/2015-1130-1315-21/www.asahi.com/articles/ASHCZ45BRHCZUCLV002.html 2015年11月30日閲覧。 
  2. ^ a b 水木 2007, p. 33.
  3. ^ 足立 2010, p. 70.
  4. ^ 『鳥取県人名録』(企画・編集 鳥取県人名録刊行委員会 旬刊政経レポート、1987年 583頁)
  5. ^ “水木しげるさん死去 妖怪物で新分野 神戸・阪神間で下積み”. 神戸新聞. (2015年11月30日). オリジナルの2015年11月30日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/55zuZ 
[ 前のページに戻る ]