正宗白鳥 まさむね はくちょう

文芸

掲載時肩書作家
掲載期間1956/05/21〜1956/05/29
出身地岡山県
生年月日1879/03/03
掲載回数9 回
執筆時年齢77 歳
最終学歴
早稲田大学
学歴その他早稲田專
入社早稲田出版
配偶者
主な仕事里見八犬伝(幼少)、読売新聞、 長短600小説
恩師
人脈
備考
正宗 白鳥
(まさむね はくちょう)
Masamune Hakucho.jpg
誕生 1879年3月3日
日本の旗 日本岡山県和気郡穂浪村
(現・備前市穂浪)
死没 (1962-10-28) 1962年10月28日(83歳没)
日本の旗 日本東京都千代田区飯田橋
墓地 日本の旗 日本多磨霊園
職業 小説家劇作家文芸評論家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 東京専門学校文学科
(現・早稲田大学
活動期間 1904年 - 1962年
ジャンル 小説戯曲文芸評論
文学活動 自然主義文学
代表作 『何処へ』(1908年)
『入江のほとり』(1915年)
『最後の女』(1924年、戯曲)
『自然主義盛衰史』(1948年、評論)
主な受賞歴 文化勲章(1950年)
菊池寛賞(1957年)
読売文学賞(1960年)
デビュー作 『寂寞』(1904年)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示
正宗白鳥
生家跡

正宗 白鳥(まさむね はくちょう、1879年明治12年)3月3日 - 1962年昭和37年)10月28日)は、明治 から昭和にかけて活躍した小説家劇作家文学評論家。本名は正宗 忠夫(まさむね ただお)。岡山県生まれ。東京専門学校文学科卒。虚無的人生観を客観的に描く自然主義の代表作家として出発。批評精神に満ちた冷徹な境地を拓いた。評論にも優れている。戯曲も知られる。日本芸術院会員。文化勲章受章。

[ 前のページに戻る ]