横河正三 よこがわ しょうぞう

電機

掲載時肩書横河電機名誉会長
掲載期間1996/09/01〜1996/09/30
出身地東京都
生年月日1914/08/31
掲載回数
執筆時年齢82 歳
最終学歴
慶應大学
学歴その他慶応予
入社横河東亜
配偶者父建築家
主な仕事横河橋梁、電機、職能給制度(65:35) 、HP・GE合弁、世界生産
恩師
人脈父:コレクション国立博物館に寄付、岡本 太郎、J・ウエルチ、リー・クワンユー
備考一人が皆のために皆が一人のために
横河 正三Rugby union pictogram.svg
基本情報
生年月日 1914年8月31日[1]
出身地 大日本帝国の旗 大日本帝国東京市芝区
没年月日 (2005-12-26) 2005年12月26日(91歳没)
死去地 日本の旗 日本東京都 
大学 慶應義塾大学経済学部
ラグビーユニオン経歴
ポジション -
アマチュア経歴
チーム 出場 (得点)
19xx-1936 慶應義塾大学 ()
■テンプレート

横河 正三(よこがわ しょうぞう、1914年8月31日 - 2005年12月26日)は、日本実業家。元横河電機社長。横河ヒューレット・パッカード株式会社(現・日本ヒューレット・パッカード株式会社)初代社長。横河電機の中興の祖と称される。

  1. ^ 横河電機製作所 有価証券報告書(1968年3月期)、2016年8月20日閲覧
[ 前のページに戻る ]