槇原稔 まきはら みのる

商業

掲載時肩書三菱商事相談役
掲載期間2009/09/01〜2009/09/30
出身地イギリス
生年月日1930/01/12
掲載回数30 回
執筆時年齢79 歳
最終学歴
米国ハーバード大学
学歴その他成蹊学園
入社三菱商事
配偶者岩崎喜久子直系孫
主な仕事全国英語大会2回優勝、日米学生会議、 卒後1年世界旅行、米国社長、IBM役員、各国政府委員、東洋文庫
恩師バイエル主教 藤野忠次郎
人脈義父:久弥(弥太郎長男)三村庸平、 中部謙吉、諸橋晋六、ライシャワー、緒方貞子、ガースナーIBM,アームストロングAT&T
備考父:ロンドン 支店長
追悼

氏は‘20年12月13日、90歳で亡くなった。「私の履歴書」に登場は’09年9月で79歳のときでした。三菱商事出身では諸橋晋六氏に次いで2番目でした。ハーバード大学に直接入学し、卒業した「履歴書」登場者は、槇原氏一人です。両親とも達筆だったが、氏の「履歴書」サインは悪筆と弁解している。

1.両親
父の家は小作農家で、経済的には貧しかったが、勉強は抜群にできたらしい。そんな父が親戚を頼って上京したのは14歳のときだった。最初は使い走りや子守をしていたが、やがて大倉商業を経て、一橋大学に進んだ。貧しい出身の父がこの時代に最高学府まで進学できたのは、一つの縁に恵まれたからだ。
 三菱の創業者として有名な岩崎彌太郎には久彌という長男がおり、久彌には3人の息子がいた。久彌はこの3人を手元に置かず、本郷龍岡町に寮をつくり、教育者を迎えて、同年代の青年たちを学友として同居させた。様々な大学から優秀な学生が集まった。父もその一人に選ばれ、援助を受けるとことになったのだ。これは地方出身の苦学生にとってたいへん幸運なことだった。
 卒業後は当然のように三菱商事の門をたたき、1921年に母の治子(旧姓・秦)と結婚した。父28歳、母21歳。この二人の仲を取り持ったのが、母の兄で、三菱商事の社員だった秦豊吉である。母の実家の秦家は東京で薬商を営み、裕福な暮らしぶりだったようだ。親戚には歌舞伎役者もおり、さらに豊吉は商社勤めの傍ら文化面でも活躍した。豊吉の友人に芥川龍之介も時々遊びに来た。龍之介には絵心があって、卓袱台で幼い母の似顔絵を描いてくれたという。そんな影響もあってか、母も若いころは文学志望だったようだ。「水島京子」の筆名で懸賞小説に応募し、掲載されたという。

2.全国英語弁論大会で連続優勝
終戦から2年後、毎日新聞社が主催した英語弁論大会の「マッカーサー杯」は有名だった。成蹊学園の英語教師だった清水護先生から「大会に出てみないか」と誘われ、「やってみます」と答えた。
 スピーチの原稿は自分で書いて、その後何度か清水先生に添削をお願いした。タイトルは、
「What we should do as students (私たち学生は何をすべきか)」。内容は、45年8月15日を境に価値観が180度ひっくり返り、若者たちの間に懐疑主義が広がっているが、それは何ら生産的ではない。私たち学生は人格を磨いて、真実を目指さなければいけないー。今読み返すと赤面してしまうような内容だが、17歳の私はどうやら大変な理想主義者だったらしい。
 「落語は間が命」と言われる。英語のスピーチもそれと同じだろうと見当をつけ、どこでどう間をとれば聴衆の心を打つか、そこに神経を集中して何度も何度も練習した。大会は大阪で開かれ、列車に乗って一人で出かけた。結果は首尾よく優勝。早速清水先生らに「ワレユウショウセリ」と電報した。
 翌年2回目の会場は東京だったので、清水先生や成蹊の仲間たちも応援に駆け付けてくれた。貴賓席には高松宮様やヴァイニング夫人の姿もあり、いささか緊張した。前年とはうって変わって出場者のレベルは格段に上がっている。内心はらはらしたが、運よく2年連続で優勝することができた。
 また、戦後再開された日米学生会議に出席したのもこのころだ。明治大学や立教大学のキャンパスで開催され、国際問題や宗教、教育までが幅広く議論した。多くの大学生に交じって、高校生の私が参加することができ、勉強になった。

[ 前のページに戻る ]