椎名悦三郎 しいな えつさぶろう

政治

掲載時肩書衆議院議員
掲載期間1970/06/11〜1970/07/08
出身地岩手県
生年月日1898/01/16
掲載回数28 回
執筆時年齢72 歳
最終学歴
東京大学
学歴その他二高
入社農商務省
配偶者新平姉 に養子
主な仕事愛知、商工省、満州(実態調査)、次官、 衆議員、60自衛隊出動止め、日韓条約、
恩師
人脈吉野信次、岸信介(3年上)、鮎川義介、 水野成夫、正力松太郎、藤原銀次郎、小林一三、
備考後藤新平叔父
椎名 悦三郎
しいな えつさぶろう
Etsuzaburo Shiina.jpg
生年月日 1898年1月16日[1]
出生地 日本の旗 日本 岩手県胆沢郡水沢町
没年月日 (1979-09-30) 1979年9月30日(81歳没)[1]
死没地 日本の旗 日本 東京都新宿区信濃町[2]
出身校 東京帝国大学(現・東京大学
前職 農商務省官僚
商工省官僚
満州国実業部官僚
軍需省官僚
東北毛織株式会社取締役社長
所属政党日本民主党→)
自由民主党
称号 従二位
勲一等旭日桐花大綬章
衆議院永年在職議員
法学士
親族 次男・椎名素夫
叔父・後藤新平

内閣 第2次佐藤第1次改造内閣
在任期間 1967年11月25日 - 1968年11月30日

日本の旗 第94-95代 外務大臣
内閣 第3次池田改造内閣
第1次佐藤内閣
第1次佐藤第1次改造内閣
第1次佐藤第2次改造内閣
在任期間 1964年7月18日 - 1966年12月3日

日本の旗 第21代 通商産業大臣
内閣 第2次池田内閣
在任期間 1960年12月8日 - 1961年7月18日

内閣 第2次岸改造内閣
在任期間 1959年6月18日 - 1960年7月19日

選挙区 岩手県第2区
当選回数 8回
在任期間 1955年2月28日 - 1979年9月7日
テンプレートを表示

椎名 悦三郎(しいな えつさぶろう、1898年明治31年)1月16日 - 1979年昭和54年)9月30日)は、日本官僚政治家岸信介腹心[3] として満州国の運営に関わり、また商工次官として統制経済を推進、軍需次官も務めた。戦後は政界入りし、内閣官房長官岸内閣)、通商産業大臣(21代・30代)、外務大臣(94-95代)、自由民主党において政調会長総務会長副総裁を歴任した。田中角栄の後継の総裁として三木武夫を指名した「椎名裁定」は世人を驚かせた。椎名素夫は次男、血縁のない叔父に後藤新平がいる[注 1]

  1. ^ a b 憲政資料室 2014.
  2. ^ 内海(1987年)213頁
  3. ^ 牧原出「「妖怪政治家」へ変貌した秀才商工官僚 岸信介」『実録首相列伝―国を担った男達の本懐と蹉跌』学研〈歴史群像シリーズ(70号)〉、2003年6月、116頁。ISBN 978-4056031515
  4. ^ 引用エラー: 無効な <ref> タグです。「ando2012-8-5-1」という名前の注釈に対するテキストが指定されていません


引用エラー: 「注」という名前のグループの <ref> タグがありますが、対応する <references group="注"/> タグが見つかりません

[ 前のページに戻る ]