植村甲午郎 うえむら こうごろう

団体

掲載時肩書経団連副会長
掲載期間1968/01/01〜1968/02/06
出身地東京都飯倉
生年月日1894/03/12
掲載回数37 回
執筆時年齢74 歳
最終学歴
東京大学
学歴その他一高
入社農商務省
配偶者富井教授三女
主な仕事大臣秘書官、石炭統制会、日本工業倶楽部->日本経済連盟会(団琢磨)->経済団体連合会
恩師渋澤敬三 父の葬儀長
人脈獅子文六、船田中、一万田尚登 、岸信介、遠山元一、多人脈
備考父渋沢栄一恩師
うえむら こうごろう
植村 甲午郎 
Kōgorō Uemura.jpg
経団連会長時代の植村甲午郎
生誕1894年3月12日
東京府東京市
死没 (1978-08-01) 1978年8月1日(84歳没)
東京都
出身校東京帝国大学法学部政治学科
職業実業家財界人日本航空会長、フジテレビ会長、ニッポン放送社長、会長、経団連会長

植村 甲午郎(うえむら こうごろう、1894年(明治27年)3月12日 - 1978年(昭和53年)8月1日)は、昭和初期から後期(1920年代 - 1970年代)の財界人官僚札幌オリンピック組織委員会会長。

経済団体連合会(現:日本経済団体連合会)創設に加わり事務局長となるも、公職追放となる。解除後、第3代経済団体連合会(経団連)会長(1968年(昭和43年) - 1974年(昭和49年) )。

[ 前のページに戻る ]