松野鶴平 まつの かくへい

政治

掲載時肩書参議院議長
掲載期間1958/11/14〜1958/12/04
出身地熊本県
生年月日1883/12/22
掲載回数21 回
執筆時年齢75 歳
最終学歴
中学校
学歴その他城北学館
入社精米所
配偶者政治家 の娘
主な仕事ズル平、菊池鉄道社長、フランスと用船事業、
恩師
人脈野田卯太郎(商工大臣:岳父)、策略士
備考松野頼三父
松野 鶴平
まつの つるへい
Tsuruhei Matsuno 1956.jpg
生年月日 1883年12月22日
出生地 熊本県山鹿市(旧・城北村
没年月日 (1962-10-18) 1962年10月18日(78歳没)
出身校 城北学館中退[1]
所属政党立憲政友会→)
(立憲政友会正統派→)
日本自由党→)
民主自由党→)
自由党→)
自由民主党
称号 従二位
勲一等旭日桐花大綬章
配偶者 妻・松野タキノ(野田卯太郎の子)
親族 三男・松野頼三
孫・松野頼久

日本の旗 第5-7代 参議院議長
在任期間 1956年4月3日 - 1962年8月6日
天皇 昭和天皇

日本の旗 第19代 鉄道大臣
内閣 米内内閣
在任期間 1940年1月16日 - 1940年7月22日

選挙区 熊本県選挙区
当選回数 3回
在任期間 1952年10月20日 - 1962年10月18日

選挙区 (熊本県第4区→)
熊本県第1区
当選回数 7回
在任期間 1920年5月11日 - 1924年1月31日
1928年2月21日 - 1945年12月18日
テンプレートを表示

松野 鶴平(まつの つるへい、明治16年(1883年12月22日 - 昭和37年(1962年10月18日)は日本政治家衆議院議員鉄道大臣参議院議長などを歴任。権謀術数に長けたことから「松のズル平」とあだ名された。また、実業家として菊池電気軌道(現・熊本電気鉄道)の社長も務めた。熊本県平民[2]

妻・タキノは商工大臣等を務めた野田卯太郎の娘。自由民主党政調会長総務会長などを務めた松野頼三は三男。民進党の衆議院議員松野頼久は孫、2016年ミス日本グランプリ受賞者の松野未佳は曾孫にあたる。

  1. ^ 引用エラー: 無効な <ref> タグです。「nikkei」という名前の注釈に対するテキストが指定されていません
  2. ^ 『人事興信録. 7版』(大正14年)ま五九
[ 前のページに戻る ]