松永安左エ門 まつなが やすざえもん

電気・ガス

掲載時肩書電力中央研究所理事長
掲載期間1964/01/01〜1964/01/31
出身地長崎県壱岐
生年月日1875/12/01
掲載回数31 回
執筆時年齢89 歳
最終学歴
慶應大学
学歴その他慶応
入社日銀
配偶者
主な仕事丸三商会(桃介)福松商会、福博電気軌道>西日本鉄道、東邦電力、東京電力
恩師福沢諭吉
人脈加藤武雄、小山完吾、高石直五郎(同期)福沢桃介、小林一三、武藤山治、野村 徳七、近衛文麿、麻生太吉
備考茶道・茶人
松永 安左エ門
まつなが やすざえもん
MATSUNAGA Yasuzaemon.jpg
生年月日 (1875-12-01) 1875年12月1日
出生地 長崎県壱岐
没年月日 (1971-06-16) 1971年6月16日(95歳没)
死没地 東京都新宿区
出身校 慶應義塾(中退)
前職 西部合同ガス社長
称号 勲一等瑞宝章

選挙区 福岡市選挙区
当選回数 1回
在任期間 1917年4月21日 - 1920年2月26日
テンプレートを表示

松永 安左エ門松永 安左衞門、まつなが やすざえもん、1875年明治8年)12月1日 - 1971年昭和46年)6月16日)は、電力業界で活躍した実業家。 戦前に九州、近畿、中部に展開した東邦電力社長、関東の旧東京電力取締役を務めた。また戦後は政府の電気事業再編成審議会会長に就任し、戦時体制で国有化された電気事業の構造改革として九電力体制の枠組みを整えた。これらの業績を通じて日本の電力業界に大きな影響を与え、「電力王」「電力の鬼」との異名を持つ。

電力中央研究所の設立により、電力工学、科学技術・政策の研究開発体制を整備した。私設シンクタンクの産業計画会議を主宰して日本の産業経済全体について政策提言を行い、政府の政策に大きな影響を与えた。一時期政界にも進出し、政治家帝国議会衆議院議員1期)の経歴も持つ。

美術コレクター、茶人としても知られ、耳庵(じあん)の号を持つ近代小田原三茶人の一人。氏名は「松永安左ヱ門」と表記されることもある。

[ 前のページに戻る ]