松下幸之助 まつした こうのすけ

電機

掲載時肩書松下電器産業相談役
掲載期間1976/01/01〜1976/01/31
出身地和歌山県
生年月日1894/11/27
掲載回数31 回
執筆時年齢82 歳
最終学歴
小学校
学歴その他
入社
配偶者
主な仕事
恩師
人脈
備考
まつした こうのすけ
松下 幸之助
Konosuke Matsushita 01.jpg
松下幸之助(1960年代初期頃)
生誕 (1894-11-27) 1894年11月27日
和歌山県海草郡和佐村千旦ノ木(現:和歌山市禰宜)
死没 (1989-04-27) 1989年4月27日(94歳没)
大阪府守口市外島町(松下記念病院[1]
国籍日本の旗 日本
職業創業者松下電器産業, 実業家発明家
著名な実績パナソニックの創設者
純資産31億ドル (1989)
配偶者むめの
子供1人 幸子(長女)
親戚松下正治(実業家、幸子の夫)
松下正幸(パナソニック副会長、孫)
松下弘幸(レーシングドライバー、孫)
関根大介オープンドア創業者、曾孫)
井植歳男三洋電機創業者、むめのの弟)
署名
Konosuke Matsushita Signature.svg

松下 幸之助(まつした こうのすけ、1894年明治27年〉11月27日 - 1989年平成元年〉4月27日)は、日本実業家発明家著述家。位階は正三位

パナソニック(旧社名:松下電気器具製作所、松下電器製作所、松下電器産業)を一代で築き上げた経営者である[2]。異名は「経営の神様」。

その他、PHP研究所を設立して倫理教育や出版活動に乗り出した。さらに晩年は松下政経塾を立ち上げ、政治家の育成にも意を注いだ。

  1. ^ 吉田時雄『いまだからこそ、松下幸之助 信念の経営を追い続けた悠久の人』阪急コミュニケーションズ、1991年、232頁。ISBN 978-4484912059
  2. ^ 経営者に必要な資質とは?カリスマ経営者の言葉で学ぶ18のチェックポイント”. THE OWNER (2019年12月25日). 2021年5月24日閲覧。
[ 前のページに戻る ]