村山富市 むらやま とみいち

政治

掲載時肩書社会民主党党首
掲載期間1996/06/01〜1996/06/30
出身地大分県
生年月日1924/03/03
掲載回数
執筆時年齢72 歳
最終学歴
明治大学
学歴その他東京市 立商業
入社漁村青 年同盟
配偶者看護婦長
主な仕事社会党(23)左派、市議2、県議3、議員 (48)、国対、自社さ連立、自衛隊合憲、日の丸・国歌容認、
恩師貴不驕、 賎不依
人脈浅沼(尊敬)、久保亘、河野、橋本、 土井、武村、野中、野坂、五十嵐
備考担がれ人望
村山 富市
むらやま とみいち
Tomiichi Murayama 19940630.jpg
内閣広報室より公表された肖像
生年月日 (1924-03-03) 1924年3月3日(97歳)
出生地 日本の旗 日本 大分県大分市
出身校 明治大学専門部政治経済科卒業
前職 大分県漁村青年同盟書記長
現職 明治大学顧問
所属政党日本社会党→)
社会党左派→)
(日本社会党→)
社会民主党
称号 陸軍軍曹
桐花大綬章
名誉博士(明治大学、崇実大学)
配偶者 村山ヨシヱ(1953年から)
親族 中原由利

内閣 村山内閣
村山改造内閣
在任期間 1994年6月30日 - 1996年1月11日
天皇 明仁

選挙区旧大分1区→)
大分1区
当選回数 8回
在任期間 1972年12月11日 - 1980年5月19日
1983年12月19日 - 2000年6月2日

選挙区 大分市選挙区
当選回数 3回
在任期間 1963年 - 1972年

当選回数 2回
在任期間 1955年 - 1963年
テンプレートを表示

村山 富市(むらやま とみいち、1924年大正13年〉3月3日 - )は、日本政治家労働組合指導者。勲等桐花大綬章。軍人としての最終階級陸軍軍曹。いわゆる「村山談話」を発表したことで知られる。

労働組合運動から日本社会党の政治家となり、大分県大分市議会議員(2期)、大分県議会議員(3期)、衆議院議員(8期)、日本社会党委員長(第13代)、内閣総理大臣第81代)、社会民主党党首(初代)、名誉党首等を歴任。

2019年11月29日中曽根康弘が死去したことに伴い、存命の内閣総理大臣経験者としては最高齢(死去した総理大臣経験者を含むと東久邇稔彦王、中曽根康弘に次いで三番目の高齢)となった(現行憲法下での総理としては中曽根に次いで二番目の高齢)。中曽根没後は、大正生まれの内閣総理大臣経験者で最後の存命者となった。

[ 前のページに戻る ]